FC2ブログ
さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログお引越し!
FROM:真田和之

このたび、塾ブログ一新ということで、、、

今まで慣れ親しんできたこちらのブログから、新しいブログへ引っ越しいたします。

以後こちらのブログには記事を投稿しません。

新しいブログはこちらです。「さなだブログ~虹の架け橋~」

不慣れでなかなかうまくいかないこともあるかもしれません。

頑張って新しいブログを使いこなしたいと思います(笑)

今後も新しいブログともども、宜しくお願い致します!

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:学校・教育

伸びる生徒の資質
FROM:真田和之

中2Sクラスにひときわ頑張っている生徒がいる。

中1の冬に、AクラスからSクラスに上がってきました。

DSCN3930.jpg

小学生のときから真面目で素直。

部活は柔道で、武道を鍛錬しているだけあって正々堂々としています。

小6の授業時、こんなことがありました。

国語の宿題で「ア~エの記号で答えなさい」と言う問題をよくはずし、間違い直しも1回で当たらない、、、

小学国語で、ア~エで選ぶ問題は4択ではない。

ハッキリ言って2択。

CIMG1260_20180424181435f5e.jpg
(小学校の時の彼↑↑↑)
このままでは国語嫌いになってしまうと思い、彼に話しました。

「選択問題のなかには確実に答えではないものが2つある。(そうではないケースもありますが)ということは・・・答えが2つに絞れていれば絶対に次は当たる。だから間違い直しは一回で当てよう!そうじゃないと、選んではいけないものを選んでいる可能性があるんだよ!!」

「そうなんだ。分かりました!気をつけてみます!!」と穏やかな笑顔で答えてくれた。

それ以降毎週、間違い直しの度に意識していました。

呪文のように「一回で当てなきゃ・・・」と言いながら(笑)

言われたことを素直に意識して、楽しんで??勉強していました。

***********************

そんな出来事から一年半が経ちました。

中1の時に使っていた英・数の副教材は、中2の新年度授業初日までに仕上げる約束。

DSCN3929.jpg
(中2になった彼↑↑↑)
彼は提出期限に間に合いませんでした。

しかし次の日、早い時間から自習に来てなんとか提出しようと追い込んでいた。

「どうだ?終わりそうか??」

「今日1日頑張れば何とか出せそうです!!明日は柔道の夜練があるのでそのあと持ってきます!」

次の日。

夜10時に彼は柔道着のまま現れました。

「先生。すみません・・・。あとちょっと残っていて・・・・明日必ず・・・・・」

「提出」という約束は守れませんでした。でも、、、、

どんなに疲れていても正々堂々と報告に来てくれた彼の姿に、私は涙が出そうになりました。

DSCN3931.jpg

何事も一生懸命頑張っている姿が想像できるから、、、

「明日やれ。昼過ぎに待ってるよ!だから今日は早く寝ろ。」って彼に言いました。

「すみません。わかりました!明日来ます!!」

翌日、昼過ぎに来て問題に取り組み、2時間経った頃でしょうか。

笑顔で「フ~」と軽く息を吐きながら「終わりました!!」と提出完了です。

「言われたことを常に意識する。」「何事も素直に受け入れる。」

「言い訳はしない。」「やるべきことは最後までやり遂げる。」

伸びる生徒の資質だと思います。

今の気持ちを忘れずに、彼には受験まで頑張って欲しいな。

テーマ: - ジャンル:学校・教育

ハーモニー(調和) 中1・Sクラス
FROM:真田和之

中1・Sクラスの授業。

DSCN3907.jpg

4/29(日)~5/6(日)まで授業がお休みになります。

授業冒頭で「ゴールデンウイーク課題」を配布しました。

今まで習った英語の繰り返しを3回分、数学は問題数が多いので2回分盛り込みました。

なかなかハードな内容です。

でも、この課題をこなせたら絶対力がつく!!

丸付けまで行い5/9(水)に提出となります。

DSCN3900.jpg

前回の授業で「×(バツ)は勲章!!」という話をしました。

今日はコソッと答えを書きかえて丸をつける生徒はいない!

間違った問題には目立つようにバツをつける生徒も!!

そう!それでいい(*^_^*)

私のブログには書きませんでしたが、前回の授業で、私の中学校時代の成績についても話しました。

谷あり、恩師の一言をきっかけとした大きなV字回復に、、、

生徒達は「お~!!」と言いながら皆興味津々で、にこやかな表情で話を聞いてくれました。

DSCN3906.jpg

その話のおかげか・・・なんだか今日は生徒達との距離感が近く感じる。

今まで思うように言えなかった「先生!ここ不安です」

「わかりません・・・」があちこちから!

引っ込み思案な生徒も、質問があれば手が挙がる!!

歯車がかみ合ってきたことを実感しました(笑)

4回目の授業でやっと調和(ハーモニー)!

これから勉強面において、どんなプロセスを作っていきましょうか。

楽しみです(笑)

***********************

話は変わって。

正負の計算は足し算・引き算が山場をむかえました。

私から見ていて不安な生徒は、土曜の授業前に呼びました。

DSCN3904.jpg

正しいやり方を身につけて、自信をつけて欲しいという思いがあるから!

絡んでしまった糸をほぐし、悩んでいる生徒をスッキリさせたい!

しばらくは分からないところの解消のために続けていこうと思います。

部活が忙しくなれば、無理しないでくださいね!!

テーマ: - ジャンル:学校・教育

小学生の授業風景
FROM:真田和之

小学生の授業。

本を取に来ながら、小5・小6のクラスをじーっと観察していく生徒がいます。

彼は小学2年生。

低学年には「怖そうな先生」って思われているんだろうな??

勇気を振り絞って声をかけてみた。

DSCN3872.jpg

「今から読書?」

コクンとうなづく。

「何倍で読んでるの??」

緊張した表情で「1.5倍!」とのこと。

よし!コミュニケーション成功!!

これからも声をかけていこう!

DSCN3865.jpg

こちらの生徒は読書をしている表情がにこやか。↓↓↓

話に引きこまれ、楽しくなっているのかな??

DSCN3866.jpg

小原先生や小畑先生の指導風景。

DSCN3867.jpg

DSCN3873.jpg

先生と生徒の距離感が近い。

生徒が信頼していないと、こうはいかないよな~。

DSCN3868.jpg

勉強を頑張った後はイージーキューブにチャレンジ。

たくさんクリアして、目の前の達成シールが増えるといいね!!

テーマ: - ジャンル:学校・教育

×(バツ)は勲章だ!!
FROM:真田和之

新中1の授業。

DSCN3875.jpg

数学の時間、宿題の解答をしている時に・・・・

「今年もいたか・・・」とその場は淡々と解答を続ける。

×(バツ)がつくことが嫌なのでしょう。

ひとつくらいならまだしも、3つ4つとなると不安になるのかな。

「正負の数」だからプラスとマイナスをこそっと答えを書き換えて・・・丸をつける生徒がいる。

これ、中1だけじゃないです。

中3でもアルアルです・・・。

2乗の小さい2が、χの右肩についていなくても平然と丸をつける・・・・

毎年のことですが、特に女子生徒に多いんです。

DSCN3878.jpg

解いた問題が全て○(マル)なら、それはそれは気持ちいい!

お父さん・お母さんがテキストをチェックしても安心だ。

しかし、間違えを丸にする・・・・それは間違ったこと!

誰とは特定せず、正さなければなりません。

DSCN3880.jpg

丸付けが終わった後、クラス全体に向けて言いました。

「×(バツ)は自分の学力を伸ばしてくれる勲章だぞ!間違ってもその勲章を消したり、書きかえたりするなよ!!」

重ねて「×(バツ)を次に○(マル)にするために、どうして間違ったのか・・・答えまでの正しい道のりはどういうものだったのか確認しよう!」と話しました。

早いうちからそれが出来る生徒は間違いなく伸びます。

これからは、そんな不正を見つけた時点で注意するよ!

×(バツ)は分かったつもりの自分を正してくれるもの。

だから、絶対に答えを書きかえて丸をつけないで!!

テーマ: - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。