タイトル画像

英単語へのこだわり

2015.10.31(23:01) 8

FROM:加藤幸也

段々と寒くなってきました。

特に朝晩は冷え込んできましたね。

つい先日まで風邪をひいていた私ですが、ようやく回復して元気になりました。

歳のせいか、「回復が遅いなぁ」と思いましたが、とりあえず問題なく生徒の対応ができているので、一段落です。


さて、毎週水曜日と土曜日は中1の授業があります。

私が受け持つ中1の標準クラスでは、宿題で英単語の練習をしてくるよう、指示をしています。

そして、その練習の成果を、授業内で行う英単語の小テストで発揮してもらいます。

DSCF2737.jpg

小テストは20問出していますが、繰り返し行うことでさすがに覚えるようになります。

↓ ある生徒のノートです(見づらくてすみません)

DSCF2739.jpg

ある生徒は「先生、全部書けました!」と力強く言ってくれました。

「いやぁ~、すばらしいね!」とほめます。

頑張った成果が目の前に出ると、生徒自身もモチベーションが上がります。


英語の授業は文法がメインにはなってきますが、英単語もそれに匹敵するくらい大事なものだと、私は思っています(生徒に伝わっていてほしいところですが・・・)。


私は数年前に某塾にいましたが、中学3年生の女子で、定期テストの5教科で495点を取った生徒がいました。

5教科がほぼ満点です。

ですが、英語は100点満点ではありませんでした。

彼女は一体何を間違えたのか?

そうです。

英単語です。

英単語のつづり(スペリング)をミスしたのです。

495点も取る生徒でさえ、スペリングのミスという、よくあるイージーミスを犯してしまうのです。

それ以来、私の中では英語の授業をする際に、英単語のスペリングの練習やテストをすることを重視するようになりました。

やはり、反復練習は必要ですね。

「たかが英単語、されど英単語」。 決して英単語を侮ってはいけません。

「これからもこれは続けていかなくては!」と改めて感じた、今日の授業でした。







塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

みどり台中 試験対策

2015.10.29(16:00) 7

FROM:真田和之

2学期中間試験が終わったばかりですが、11月には期末試験があります。

ホッと一息ついて、またエンジン全開に戻さなければなりませんね(汗)



みどり台中は年に3回しか試験がないので、6月の試験が終わると11月まで試験がありません。

その分、範囲も広く、試験勉強が他の中学校に比べると大変です。

中1標準クラスのK君は、普段集中力が長く続かないのですが、今回は気合が入っているようで、今までよりも集中する時間が増えたように思います。

今回の試験では、数学と理科で目標点数を超えたいと、9月末から自主的に居残り特訓してきました。

さらに部活がない日曜も、自習に来る頑張りよう。結果が楽しみです。

数学の計算力も徐々にアップしてきました。あとは文章題を正確に解けるようにするだけです。



先日、K君が「先生!理科は繰り返しやっているので、かなり覚えましたよ!!」と自信満々。

「数学と理科は良くなってきているけど、社会はどうなっているの??」

「社会は何が何だかチンプンカンプンで・・・・」

「じゃあ、地理をまとめてあげるから、そのあと学校ワークを2回繰り返して、小テストをしよう!」

1回目は50点台。もう一度繰り返しをさせ、時間をおいてから再テストをして8割取れるようになりました。

「理科や社会の勉強の仕方は、今やったような流れを家でも出来れば、必ず目標点数をとれるよ!!」

明日はいよいよ試験本番!全力で頑張ってこいよ!!

そして試験2日目に向けて、土日は猛特訓だ!

017.jpg



塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

中2-A・Bクラスの授業を紹介

2015.10.27(23:15) 6

FROM:遠藤祐樹

まずはAクラスから。

基本的にAクラスの授業は『英数の先取り』です。

学校ごとに進度の違いはありますが、だいたい1~2週間分くらいは先の内容をやっています。

というのも、塾のほうでは定期テストまで残り2週間ほどになるとテスト対策期間に入ります。

そこからは理社の指導時間の比重も高まるので、普段の授業ではできるだけ英数を先に進めておきたいという狙いがあります。

とはいえ、ただ前に進むだけでなく復習も怠りません。

数学の授業では、毎回5分でも10分でも時間をとって復習テストを実施し、理解の定着を図ります。


授業の内容は演習中心。

講義中心で先生が一方的に授業を展開していくスタイルもありますが、

部活でヘロヘロになってやってくる生徒たちにとって、それは子守歌。

10分が限界でしょうか。15分も説明していたら、もう、布団敷いて寝ているレベルです。

ですので、なるべく説明は的確かつコンパクトに。とにかく生徒たちに手と頭を動かしてもらう、という授業をこころがけています。

しかし、まだまだ説明中ウトウトしてしまう人もいまして…

そんなときは毎回、敗北に似た心持ちです。(くそっ、もっと授業を上手にやりたいっ)

******************

お次はBクラス。

基本的にこちらも英数の先取りを行いますが、まだ基礎が不十分な生徒が多い。

そういう生徒たちには『繰り返し』がとても重要。

とにかく似たような問題を繰り返し解かせまくります。同じ問題でもいい。

テスト前になれば、こちらが用意する小テストを合格するまで無限に解かせ続けます。(先日の中1特訓のように→詳しくはこちら)

とにかく繰り返し問題を解かせることが大切なわけですが、

なかなか思い通りの点数にたどり着けない原因は、前学年内容の理解が不十分なことにあります。

そこで、Bクラスではそういう基礎部分の復習を毎回行うようにしています。

英語は三人称単数形や過去形の使い分け問題を授業中に解き、数学は1・2年の計算が混在するテストを授業の最後に用意し、全問正解まで帰れまテン!

また、授業中に理解できないところがあれば、授業後残って質問していくように促します。

時には強制で残すことも少なくありません。


Bクラスの指導は大変なのですが、その分点数が大幅アップすればこちらの喜びもひとしお。

そんな時は生徒から一目散に報告に来てくれますが、そのときの奴らの顔といったら…いや~。

この仕事をやっていてよかった、と思える瞬間ですね。

↓写真はBクラスでの居残り風景
007_20151027232200045.jpg


塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

日曜日の自習風景

2015.10.26(13:02) 5

FROM:遠藤祐樹

10/25(日)

1つ前の加藤先生の記事にも書いてありますが、この日は一部中学校のテスト対策。

しかし、それだけでは教室を持て余すということで、10:00~18:00まで自習用に教室を開放しておりました。

私はこの日はお休みだったのですが、近くに用事があり、そのついでに様子を見に教室へGO。

自習に来ていた生徒は15名ほど。

IMG_1776.jpg

↓中3基礎クラスの女子は社会イベント(※)に備えて、一問一答の繰り返し学習を行っていました。

(※集団理社の授業を受講している生徒に課した小テストのイベントです。詳しくはこちらをご覧ください)

IMG_1775.jpg

「小テストの具合はどんなもん?」

「もうすぐ歴史終わりますよ!」

「おう!がんばったね!じゃあ、何か問題出してもいい?笑」

「ええ、ちょっと待ってください!!チェックする!」

「それじゃあ意味ないだろ!いくぞー」

「ああ、もう~!!!」

「じゃあ、聖徳太子が行った施策を…3つでいいや、答えよ」

「えっと、冠位十二階でしょ。あと十七条の憲法と…法隆寺!」

「お~やるじゃん」

「よかったー」

*******************

他にもノートに社会のまとめをしている人

IMG_1772.jpg

来月の模試に向けて過去問を解く人

IMG_1773.jpg

高校生ルームには宮教志望の生徒が。

IMG_1778.jpg

教室に入った私に気がつくこともなく、センター形式の国語をやっていました。

IMG_1779.jpg

そういえばこの人は先日、「学校での模試中に選挙カーがガンガン演説をしていたおかげで、問題に集中できなかった」って言ってたな。

顔は笑ってたけど、あれは完全に怒ってる感じだった…

今はまだ後ろにいる私の存在に気づいていない。

もしここでこの生徒の集中を一時でも害するようなことでもあったら、怒りの矛先は私だ…

生徒に気づかれないよう息を殺し、忍び足で教室を脱出。

心の中で「がんばれよ!」と叫びました。




塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

テスト対策&金色の・・・タコ

2015.10.25(19:25) 4

FROM:加藤幸也

ブログ ~激闘の日々~ をご覧のみなさん、はじめまして! 加藤です。

私からもみなさんに様々な情報を発信していきたいと思います。

是非、楽しみにしてください!

さて、今日は日曜日ではありますが、みどり台中、閖上中、富沢中、柳生中の生徒を対象に、テスト対策を行いました。

DSCF2682.jpg


ここ名取教室は生徒のほとんどが名取一中、二中、増田中ですので、今日は少人数で行いました。

今日は風がとても強く、気温も低くて風邪をひきそうな日でしたね・・・(私はすでにひいてしまっていますが)。

そんな状況にも負けずに、彼らは持っているエネルギーを集中させて取り組んでいました。

授業の最初に「テストが近いから、私語はしないように!」と老婆心ながら言おうかとも思いましたが、さすがです。

教室は緊張と静寂に包まれながら、時間が過ぎていきました・・・。

来週の日曜日も、テスト対策を行う予定です!


また、今日は午前10時から教室を自習したい生徒のために開放しました。

DSCF2679.jpg


各自、自分がやるべきことをきちんとわかっていますね。

自習に来ている3年生は、本当に意識が高いです。 素晴らしい!の一言です。


そして、その自習に来た数人の生徒が、私の上着のピンバッジを見て言いました。

「先生、何コレ?タコ?タコ?」

DSCF2683.jpg


「そうだよ」

「何でつけてるんですか?」

「これはね、みんなの合格を祈願しているバッジなんだよ」

「へぇ~、そうなんだ」


知っている方もいるかと思いますが、これはタコの産地として全国的に有名な宮城県南三陸町のバッジです。

タコは英語でオクトパス、タコは「置くとパスする(=合格する)」という意味になる、と。

まぁ、一種のゲン担ぎですね。 

本来は置物として南三陸町では販売されています
(ん?南三陸町の宣伝っぽくなっちゃいましたね)。

これを知っている生徒もいて、感激でした。

私は普段は口にはしていませんが、心から3年生の合格を祈っていますよ!!







塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

受験に向けて少しずつ

2015.10.21(16:36) 3

FROM:真田和之

風も冷たくなり、木々の紅葉も進んできました。

冬に向かって一直線=受験が間近に迫ってくる そろそろ本気モードに突入してもらいたいところです。

いつも学校帰りに自習に来るAさん、Kさん、Sさん。

3人それぞれ明確な目標校がありますが、なんとなくエンジンがかかっていない様子。

先日、自習しているところに割り込み、学習の様子を聞いてみました。

「Sさんは家でどれくらい勉強しているの??」

「塾でやって、家ではほとんどやらない」

「何それ!!ウソでしょ・・・」

「だって集中できないし、何をやっていいか分からない・・・」

それを聞いていたAさんも「ホントだよ!何やればいいのか分からないよね~」とニコニコ・・・

「Kはどうなんだよ??ちゃんと時間取れてるのか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぐったりしながら、だんまりをきめこんでいます。

標準クラスの生徒には、理社の繰り返しは自分でも手頃にできる勉強だから、毎日欠かさずやるように指示していたのに・・・伝わっていないようだね(悲)

「お前らね・・・そんなんじゃ合格できないよ・・・直前になってどうしようって泣きを見るよ!」

塾でやったから大丈夫と思われるのが一番の困り者。

一人ずつ面談をしながら、毎日やるべきことと目標を紙に書いてあげました。


顔を合わせるたびに「家でやれてる??」と確認していますが、不十分ながらも3人それぞれ頑張っている様子。

家庭学習の時間が取れるようになったら、少しずつ時間を増やしていって、合格レベルに達してほしいものです。

3人の他にも、N君やR君は授業終了後に数学の特訓を申し出てきたり、少しずつ受験モードになってきました。

まだ大丈夫と思っているアナタ!!

そろそろ本気出さないと・・・大変なことになりますよ!!

009.jpg

007_20151021222839b3f.jpg



塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

土曜日の小学生

2015.10.17(23:00) 2

FROM:遠藤祐樹

10/17(土)

この日まず最初に現れたのは兄弟で通っている2人。

「先生、こんにちわー!!」と元気よく登場。

「こんにちわ。しかし早いね~、まだ授業まで10分くらいあるけど」

「あ、ほんとだ。じゃあ何してよっかな~」といいながら2人は小学生ルームへ。

何をしているのかと様子を見に行くと、

IMG_1748.jpg

授業準備中の小原先生のお手伝いをしていました。えらい!

*******************

土曜日の小学生指導は14:00~18:30の時間帯から好きな時間に行えます。(指導時間は70分or100分)

平日は16:30~18:30なので人数の多い曜日だと人が集中しがちですが、土曜日は時間が長いので割とゆったり授業をすることができます。

IMG_1751.jpg

速読もゆったり。

IMG_1752.jpg

速読を終えた生徒が思考力を鍛える算数のテキストをやっていました。

「う~ん、う~ん」と唸りながら一生懸命考えます。

IMG_1754.jpg


↓は小2の女の子。

学校よりも少し先に進みすぎたということで、確認テストで習ったところの復習を。

IMG_1753.jpg

IMG_1756.jpg

↑は英語をやっている様子。

タッチペンから流れるネイティブ発音とともに英単語を音読します。これが小学生の間ではなかなか好評で、みんな英語ばかりやりたがります。

上の男子がタッチペンで何やら操作をしていました。

その様子をじっくり見ていると、あるボタンを押すことでリピート再生するようです。男子はそのリピート機能を活用し何度も繰り返し発音練習をしていました。

すごい…このペンの良さをフルに活かしている。

「へ~すごいねえ、そんな使い方もあるんだ」

「え?先生知らないの?

あとね、このボタン押すとさっき流れたやつをもう1回言ってくれるんですよ」

「へええ~、勉強になります」





塾ブログ~激闘の日々~


小学生 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

中1英数特訓

2015.10.12(16:42) 1

FROM:遠藤祐樹

10/12(祝)

名取一中と増田中がテスト直前なので、この日は家で勉強に集中できない人たちのために自習室として教室を開放するだけの予定でした。

が!しかし!

中1集団クラスのなかで、まだまだ反復練習が足りていない人が結構いると担当の真田・加藤から伝達があり、

そこで急遽予定を変更し、10:00~14:00(昼休憩あり)で中1英数小テスト特訓を行いました!

001_201510201511306ee.jpg

合格点は90点とし、それに達しなければエンドレスで再テスト。

そして同じテストは30分以上時間を空けないとできないというルールを設定。

このルールがないと、特に数学はただ数字を覚えれば誰でも100点が取れてしまう。そのための防御壁ですね。

いざスタートすると、みな真剣!

002_20151020151127cd1.jpg

003_201510201511309ec.jpg

↑左奥に座っている坊主頭の男子は、数学のある1枚がどうしても合格点に達しませんでした。

「先生~、もう勘弁して~」

「ダメ!ここはめちゃめちゃ大切なところだから!」

「でも、もうこれ4回目ですよ~」

「そんなにやってんの!?じゃあもう100点取るまでだな!」

「えー!まじでーー!!」

結局、この男子生徒は予定より30分オーバーで終了。

他の中1たちも4時間という長丁場を終え、疲れ切った顔をしていました。

これはだいぶ鍛えられましたね、ふふふ。

*******************

中1特訓を終え、自習スペースの様子を見に行くとカフェエリアは女子たちでびっしり。

女子はこういう開放的な空間大好きですよね~。(オープンカフェ的な)

007.jpg

ただ一方で、居心地と静けさを追求したものはこうです↓

004_20151020134817d58.jpg

予備の机が置かれた教室の隅っこで黙々と勉強する後ろ姿。

女子でもいろいろですなあ。

*******************

「先生~、理科わかんない教えて~」

増田中2年生の数名が助けを求めてやってきたので、理科の要点をまとめてあげました。

001111.jpg

002111.jpg

増田中は明日が定期テスト1日目。みんながんばれよ!!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2015年10月
  1. 英単語へのこだわり(10/31)
  2. みどり台中 試験対策(10/29)
  3. 中2-A・Bクラスの授業を紹介(10/27)
  4. 日曜日の自習風景(10/26)
  5. テスト対策&金色の・・・タコ(10/25)
  6. 受験に向けて少しずつ(10/21)
  7. 土曜日の小学生(10/17)
  8. 中1英数特訓(10/12)