タイトル画像

中学生よ、ラスボスを知れ!

2016.04.26(22:42) 66

FROM:加藤幸也

一昨日、当教室塾長の奥様がご逝去され、心よりお悔やみ申し上げます。

また、ご冥福をお祈り申し上げます。

****************************

さて、先日、教室の壁に今年の公立高校の入試問題(前期・後期)を掲示しました。

その様子については、ブログ「楽しい毎日!」のふと気づいたをご覧ください!

私としては、新年度になり、教室全体としても何か雰囲気を変えてみたい。

今までと何も変わらぬまま、授業が進められていくのだけは、ちょっと・・・。

と思い、若干試験的ではありますが、入試問題の掲示をしてみました。

早速、3年生に反応があったようで、嬉しい限りです!

苦労して作った甲斐があった!! (言うほど超大作ではありませんが・・・)

やはり入試というのは、中学生にとって、特に3年生にとっては最終的にクリアすべき言わばラスボス(正式名ラストボス:ゲーム用語で最後に登場する敵のこと)なわけです。

そのラスボスはどのくらい手強いのか、

ラスボスが仕掛ける問題という名の攻撃はどのような攻撃パターンがあるのか、

その攻撃パターンを読んで、どのように反撃してポイントを稼ぎ、ラスボスを倒すのか~っ!! (半ば興奮状態に陥っています)

中学生のみなさんは、ラスボスがどんな敵なのかちゃんと知っているの?

知らずに戦いを挑むのか?

それではたった1度きりの戦いでラスボスに勝てるわけがない・・・。

ゲームの中では「このラスボス、どうやったら倒せるんだ?」と熱心に考え、頭をフル回転させ、ラスボスの倒し方を攻略本やネットで調べ上げ・・・。

ということをやるでしょう? (わたしはやりましたよ。当時、ネットはありませんでしたが)

ならば、同じように勉強でもやってくれ!

「この入試問題、どうやったら解けるんだ?」と熱心に考え、頭をフル回転させ、入試問題の解き方を塾のテキストやネットで調べ上げ・・・るんだよ!

とにかく、日頃から入試というものを意識して日々を過ごしてほしいんですよね。

となれば、教室に掲示することが一番!じゃないかと。

ちょっとでもいいから、見てほしい。

ラスボスを知ってほしい。


実はふと気づいたの3年生の前に、とある2年生の女子生徒から私は声を掛けられていました。

「先生~、これ何かヘンですよ~」

「ん?何が?」

と生徒が指差すところを見ると、「おくにじマン」というキャラクターが登場している。

000.jpg


「これヘンですよねぇ~ハハハ!」

見るとこ、そこだったかぁ~・・・。

「入試問題で登場するキャラクターではなく、問題そのものを見ましょう」という掲示も追加でしておこうかな・・・(苦笑)。

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

女子力

2016.04.21(21:45) 65

FROM:遠藤祐樹

先日の火曜日

小学生の指導もそろそろ終わりの時間が迫ってきたころ。

CIMG0949.jpg

選抜コースの教室にはもの静かな雰囲気がとてもミステリアスな女子(写真奥)と中学受験を目標に頑張る男子(写真手前)の2人が残っていました。

手前の男子はある中学校の過去問を解いていましたが、何やらう~んと悩んでいる様子。

これは何か難問にぶち当たったか?と思い、私は問題をのぞき込もうとすると男子が

「先生、これひどいですよ!」と憤慨。

「え、なにが?」

「この問題見てくださいよ!これもう算数とか国語とかじゃなくて音楽ですよ!」

「そんなわけあるかよ。どれどれ…」

と、問題を見てみると、たしかに楽譜がのっている…

いやいや、まさか。どうせ推理すれば音楽の知識がなくても解けるんだろと、問題を読み進めていくと、

「リピート記号」やら「小節」やらの専門用語が…!!

そこから、私と男子は2人して
「『リピート記号』ってどれだろうね」
「『小節』はどっかからどこまでなんだ?」などと四苦八苦。

ん~、まいったなあと、とりあえずリピート記号はこれだと仮定して答えを出すかと思った瞬間、

奥に座る女子がチラチラこっちを気にしている様子。

「ん?○○ちゃん、もしかしてピアノか何かやってる?」

「はい」ととてもクールな回答。

「あのさ、これちょっと教えてくんない?」(うわ~、オレ何言ってんだろ!)

「えーっと、リピート記号はこれで、この部分で1小節です」

「あー、そうなんだ!じゃあ、これがこうだからああで…」と見事問題解決!

その後は「え、じゃあ、この記号は何?」と少し脱線し、少女1人に音楽を教わる男子たち。

普段クールな女子は少し誇らしげでうれしそうでした。

CIMG0950.jpg

いや~、勉強になったなあ。


塾ブログ~激闘の日々~


小学生 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

中2クラスを本決め!

2016.04.19(16:07) 64

FROM:加藤幸也

「先生、オレ頑張ります!」

と幾度か私に力強く話す中2の男子生徒の声。

昨日、中2のクラス分けの一覧表を教室入口付近にホワイトボードを置き、掲示しました。

授業開始前、そのホワイトボードの前には中2生の人だかりができて、ワイワイと盛り上がっていました。

事前に4月に受験した模試の結果を見て、クラス分けを本決めすると言っていましたので、彼らにとっては待ちに待った瞬間であったのでしょう。

私もその時ホワイトボードの前にいましたが、冒頭の男子生徒がそう興奮気味に言っていたのです。

もともとSクラスの生徒でしたが、クラスが変わることなく引き続きSクラスのままだったんですが・・・。

その生徒にとっては、クラス分けはある意味発奮材料の一つになったわけですね。

良いことです。

ただ、人というのは忘れる動物で、今のその気持ちを持ち続けるのはなかなか大変なことです。

やはり頑張ると言ったからには、その発言に責任を持って、結果を残し続けてほしいですね。

でも、そんな言葉をかけてくるとは夢にも思っていませんでしたので、正直嬉しかった!


一方で、クラスが変わったことに残念な気持ちを抱いた生徒もいたことと思います。

今回のクラス分けの基準は後述しますが、模試と学年末テストの結果をもとに決めています。

残念な気持ちになってしまうのはわかりますが、6月の定期テストの結果を受けて7月にクラスを見直す機会を設けていますので、まだまだチャンスはあります!

クラスが変わって、「もう、ダメ・・・」と消極的になるのではなく、「6月のテストに向けてやってやる!」という積極性があってほしい。


さて、今回のクラス分けの基準ですが、

1つは、4月の模試3科目(国・数・英)の偏差値です。

Sクラス・・・偏差値58以上
Aクラス・・・偏差値50~57
Bクラス・・・偏差値49以下

2つめは、学年末テスト(5科目)の点数です。

Sクラス・・・420以上
Aクラス・・・300~419
Bクラス・・・299以下

原則として、このようになります。


さぁ、次の6月のテストに向けて、一方では中総体もありますが、先を見据えてしっかり学習に取り組んでいこう!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

いつまでも1年生じゃないんだよ!

2016.04.12(16:14) 63

FROM:加藤幸也

新年度の授業が始まり、早くも一週間が過ぎました。

少しずつですが、生徒たちも新学年の自覚や雰囲気が出てきたところでしょうか。

***********************

先月の3月に中2生のお父様、お母様方と面談をさせて頂き、ほとんどのご家庭で不安を抱えていらっしゃることがあるようです。

それは、定期テスト前の学習の取り組み方、とりわけ学校のワークの取り組み方です。

いつもテスト前になってから、あわてて始め出すとのこと。

私もそれはつくづく感じていました。

ですから、何か対策は打てないものかと。

やはり学校のワークの管理までこちらでやることが必要なのかも・・・と考えました。

面談の場で「私は新年度から学校のワークも塾の宿題に入れていこうと考えています」とお伝えすると、お母様方からは「あ、そうですか、そうしてもらえると助かります~」とのお言葉が。

変えられるところは変えていかないといけませんね。

***********************

このことから、中2生に対してはいろいろと変えていかないとダメだと痛感し、新年度初回の授業のときに私の授業の「方針」を生徒たちに話しました。

以下に挙げてみます。

1. 宿題は必ずやってくること。
  宿題はやってきて「エライ!」ではない。やってきて「普通」。そこまで意識を上げないとダメ!

2. 塾のテキスト以外に、学校のワークからも宿題を出す。
  テスト前にあわててやり出さないように!

3. 授業中の私語厳禁(当たり前です!)
  これは改めて確認しました。マジメに勉強しようとしている生徒のジャマは絶対に許さない!

4. 単元テストで90点に満たない生徒は、授業後再度挑戦してもらう。
  それでも90点に届かない場合は、宿題にします。
  事前に「次回テストするよ~」と告知をしているのだから、しっかり家で復習してこないとダメ!

5. 「無理」「面倒くさい」「ダメ」という言葉はタブー。
  こんな後ろ向きな言葉から、いい結果が生まれるはずがない!
  「100点なんて取れるわけない。無理!」という生徒の言葉を耳にすることがあるが、とんでもない!
  やる前から諦めてはいけない。

他にもありますが、ざっとこのようなことを話しました。

5番について、「何の教科でもいいから100点を取ってみたい人!手を挙げて!」と私がクラスのみんなに聞くと、ほぼ全員が手を挙げました。

「なんだよ~みんな100点取りたいんじゃん。でも、100点なんて取れないって言うし。なんか、矛盾してるんじゃない?」と私は少し皮肉っぽい(?)ことを言いましたが、「何の教科でもいいから100点取れるように頑張ってみようよ。取ったら気分爽快だよ」とフォローも入れましたが、どう受け止めてくれたか・・・。

さて、冒頭で「新学年の自覚」が出てきたか?と言いましたが、正直なところまだ1年生気分が抜けていません。

1学年上がって、少しは大人になったかな?成長したかな?変わったかな?というところが出てきてほしいですね。

先日、授業中ある男子生徒が隣に座っている生徒に対して、

「授業中は私語厳禁だぞ!」と言っているのを聞きました。

いいね!

それそれ!

いつまでも1年生じゃないんだよ!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

新中1クラス分けテスト

2016.04.06(23:09) 62

FROM:遠藤祐樹

本日は中1集団クラスの初日!

中1は2クラスで授業を行う予定ですので、今日はクラス分けのテスト(科目は算数と国語)を実施しました。

CIMG0896.jpg

まだテストを受けていない人も数名いますが、採点をして順位を出してみると、

上位10名のうち、元々塾生だったのが7名、残りの3名は中学準備講座から入会してくれた生徒でした。

この結果には、今まで指導してきた甲斐があったと胸をなでおろしておりますが、

体験の生徒さんたちはまだ慣れない教室で、しかも今日が初日ですから本来の実力が出せなかったとも考えられます。

一応、今回のテスト結果とテスト中の様子などを軸にクラス分けを行いますが、ここからが勝負ですからね!

まずは最初の定期テストに向けて、みなさん頑張りましょう!!



塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

4月です!みなさん、学年1コ上がってますよ!

2016.04.03(20:00) 61

FROM:遠藤祐樹

4/2(土)・4/3(日)は模試でした!

入口すぐのところに案内板を置き、中2は右へ、中3は左へと書かれております。

CIMG0883.jpg

CIMG0886.jpg

朝一番でやってきた男子が案内板をじーっと眺めて私に聞きました。

「先生、これって新学年ってことっすか?」

「うん、そうだよ」

「じゃあ、こっちか」

CIMG0887.jpg

お次は新中3の女子。

私はどちらに行くのか見守っていると…

CIMG0884.jpg

右(中2の方)に行こうとしてる(^^)

「ちょいちょい!あんたはもう中3なんだから、そっちじゃないでしょ!」

「え?……あ、そっか」

CIMG0885.jpg

みなさん、もう新学期ですからね!学年上がってますよ!!

*******************

模擬試験の様子はこちら↓

新中3
CIMG0888.jpg

新中2
CIMG0889.jpg



塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
2016年04月
  1. 中学生よ、ラスボスを知れ!(04/26)
  2. 女子力(04/21)
  3. 中2クラスを本決め!(04/19)
  4. いつまでも1年生じゃないんだよ!(04/12)
  5. 新中1クラス分けテスト(04/06)
  6. 4月です!みなさん、学年1コ上がってますよ!(04/03)