タイトル画像

時間の確保から始めよう!

2016.06.28(23:29) 83

FROM:真田和之

定期試験も終わりホッと一息・・・・・と言いたいところですが・・・

中3生はそんなこと言っていられません。

少しずつ「受験勉強」を始めないと!!


「受験勉強をもう始めてる人、手を挙げて。」

周りを見ながら恥ずかしそうに3人の生徒が手を挙げます。

「たったの3人か・・・・」

こんな状態で夏を迎えては、偏差値をガツンと上げることはできません。

ただがむしゃらに勉強しても、即効果を出すのは難しいもの・・・・

勉強をやるべき時間が決まっていないと、ついついダラダラと過ごしてしまうし・・・・(特に夏休みは危険!)

そこで今日の授業では「今日から始めよう!合格への学習スケジュール」を生徒に提示しました。

CIMG1223.jpg

スケジュール(例)は以下の通りです。

<塾のある日>           <塾のない日>           <休日>
 16:30帰宅             16:30帰宅            起床(必ず午前に起きる)

    ⇓   30分か1時間       ⇓   30分か1時間      ⇓    1時間

 塾で学習                夕食               昼食

    ⇓   30分か1時間       ⇓   2時間          ⇓    1時間

   寝る                寝る               夕食

                                      ⇓    2時間

                                      寝る   

受験生とはいえ、遊ぶ時間や自分の好きなことをやる時間も必要です。

塾のない日は、夕食後テレビを見てリラックスしても良いけれど、寝るまでに必ず2時間勉強をする。

1時間ずつに分けてもOK!!

休日も昼食後にふらりとエアリに行って買い物をしたり、映画を見ても良い。

だけど、夕食前には家に帰り、1時間必ず勉強する。

夕食後は塾のない日と同様にテレビを見たり、ちょっとゲームをしても良いから寝るまでに2時間勉強する。

夕食の時間や寝る時間は人それぞれなので、今回お話しした基本スケジュールを、自分なりにアレンジして学習時間を確保できれば良いわけです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
CIMG1221.jpg

上記のスケジュールでいくと、1週間の最大時間は19時間になります。

仮に1時間で2個の知識を覚えたとして、1週間で38個。1ヶ月あたり152個。受験までの8カ月で1216個の知識を得ることが出来ます。(復習もして忘れないようにすることも大切です)

生徒たちはなぜかその数字を見て「すごい!」の一言・・・・。

「秋から冬にかけては、さらに勉強時間を増やしていく必要があるから、この数字以上に多くのことを覚えていけるでしょ!」

話し始めた時と比べて、生徒たちの目の色が違います。

「で??この勉強時間、確保できそう??」

生徒たちはウンウンと頷いていました。 

県大会に向けてまだ部活がある場合は、この通りにいかないかもしれませんが、可能な限りできればよいと考えます。

夏はすぐそこ!

メリハリのある生活の中で、学習する時間の確保と習慣が身につくとよいですね。
                            

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

テストを終えて

2016.06.28(15:21) 82

FROM:加藤幸也

苦痛とも言える(?)定期テストがようやく、ようやく終わりました。

中学生にとってはかなりハードな1ヶ月間でしたね。

本当にお疲れ様でした!

そして、今週から生徒たちの歓喜の声と、悲鳴や嘆きの声を両方クラス中に響かせながら、テスト結果を聞き取りさせてもらっています。

中2の生徒からは、

「もうヤバかった・・・」

「今回、社会やりましたよ!」

「あの英語の問題はね・・・取れませんよ(怒)」

「ウチの学校の先生、100点取らせてくれませんよ・・・(怒)」

とまぁ、テストの点数を所定の用紙に記入してもらいながら、数々のコメントが出るわ出るわ・・・。

テストの点数のことよりも、テスト問題そのものに対してのコメントが多い・・・かな?

「何あの問題!プンプン!」と怒っているけれども、そもそもどんな問題にも対応できるように準備しておくことが自分のテスト勉強だと思いますよ。

だから、テスト問題に怒りの矛先を向けてはねぇ・・・。

しまいには、

「先生、(あの問題に対して)何とかしてくださいよ!!」

と、怒りの矛先は私に向けられる・・・。

僕が問題を作っているわけではないのに・・・。

向ける矛先が間違ってるよ・・・?

冗談半分で私が「じゃあ、校長先生か教頭先生に言ったら?」と言えば、

「言ってもダメ!」と一蹴。

一体全体どうしたいの・・・。

*********************************

一方で、こんな生徒もいました。

いつも冷静沈着なXくん。マジメで頑張り屋。

授業前にXくんと同じ中学校のYくんとともにテスト結果について話していました。

Xくん「今回、社会メチャメチャ頑張りましたよ!こいつに社会勝ちましたもん♪」

Yくん「いやぁ・・・前回社会よかったから、今回は気を抜いてしまいました・・・(反省)」

ちなみにXくんはBクラス。YくんはSクラス。

たとえSクラスの生徒でも、気を抜けばこうなるという悪例ですね、Yくんには申し訳ないですが。

今回のテスト結果を受けて、皆は何を思うのか。

一喜一憂することなく、自分の実力を分析し、今後の対策を練ってほしいと思う一日でした。


中1、中2は来週にはクラス替えをする予定です!
(中3は7月号の模試を受けてから替えます!)

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

面談での話

2016.06.23(17:00) 81

FROM:遠藤祐樹

先日、塾に在籍している小学生のご両親と面談を行いました。

面談での話題は「中学受験」について。

ご両親、以前までは普通の公立中学から県内のトップ高への進学をお考えだったようですが、

ここ最近になって心境の変化があった模様です。

この心変わりは分からなくもありません。

というのも、二華中の1期生が今年の春にいよいよ大学受験となったわけですが、東大合格が8名。

衝撃的、というと言い過ぎな感はありますが、相当なインパクトはありますよね。

この実績を魅力的に感じない親御さんはおそらく少数派でありましょう。

ただ、このご家庭の場合は生徒本人がやる気になったことが始まりのようでした。

生徒の同級生が二華中受験を学校で公言していて、それに感化されたとか。

子供がやる気になっているんだから、その芽を摘みたくはない。しかし、ご両親にも不安だってあります。

*******************

どんな不安か?

二華中をはじめとする公立中高一貫校の問題には、最近「流水算」やら「つるかめ算」などの特殊な計算を使う問題が多くなってきています。

それらの勉強に時間を取られすぎて、普通の勉強に影響があるのではないかという不安です。

(う~む、たしかに。あの手の計算は中2で習う連立方程式を教えてしまえば、ほぼ解決するんだが…)

この疑問に対しての、私の見解は以下です。

「まったくもって心配する必要はございません!

たしかに連立方程式を教えれば手っ取り早いですが、それは中学生になってからで十分です。

小学生のうちはそういったツールを使わずに、脳みそを振り絞って答えを出すことに意味がある。

特に算数・数学は、解はひとつでも解き方は複数存在することもあって、

その解き方を自分で模索することが、数学の醍醐味であり、勉強の本質なのです!以上!」

面談当時の熱量とはだいぶ異なりますが(笑)、こういった内容をご両親にお話しすると、

「じゃあ…」ということで、これからは中学受験モードに切り替えていくことになりました。

よ~し、こちらも改めて気合をいれなければ!

*******************

-後日談-

面談のあった日の2日後。

「先生~、これあげる~」と折り紙で作ったお手紙を渡されました。

開いてみると、

CIMG1199.jpg

「よ~し、これからも勉強がんばろうな」

「はい!」

なんてピュアなんだろうと思いながら、自分の席に戻ろうとすると、

その一連の流れを見ていた中学女子たちが私に向って、

「うわ、先生、女の子から手紙もらってにやけてる、キモ~」

……(絶句)。

塾ブログ~激闘の日々~


小学生 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ピュアな中1

2016.06.21(16:31) 80

FROM:真田和之

試験勉強もいよいよ終盤。自習にくる中1生も多くなりました。

先日の中1の授業でのことです。

社会のワークを演習中、ある生徒が凡ミスをして笑っているところに、周りの男の子たちがツッコミを入れます。

「試験直前なのに~。こいつら試験をなめてるな・・・」

少しピリッとしない雰囲気だったので、私は全体に向けて話を始めました。


CIMG1174.jpg


「教室の後ろにみんなの素晴らしい目標が紙に書かれているけど、達成できるといいね。」

ある生徒が「絶対取りますよ!!」とニコニコしながら言います。

「そうか。社会や理科のワークは繰り返しやったのか??」と私が返すと、生徒は「はい!!2回繰り返しました」とニコニコ顔。

私は少しきつめに言いました。

「そんなんじゃ目標達成は厳しいな・・・・。去年の先輩で480点とか470点取った生徒は4・5回繰り返して、さらに別の問題集で仕上げをしていたよ。2回じゃ足りない!!」

生徒の表情からニコニコが消え、キッとしまった真剣な表情に変わりました。

さらに話を続けます。

「もう1個つけ加えると、ミスした時に笑って済ませているようではだめだよ。悔しがって涙するくらい思いつめないと・・・・もしも俺が第1問の計算で1つでもミスしようものなら、暗い部屋で布団かぶって夜通し泣いてるだろうな・・・」

この辺から、ウンウンと頷く生徒あり、全員のピュアな視線が刺さるように感じます。

「試験までの残り数日で、社会や理科は数多く繰り返すこと!そしてミスをしないように時間があったら、見直しをきちんとする!!真剣勝負を心がけて試験まで過ごしたら必ず結果はついてくるんだ!!」

言葉を終えたとたん全員が「ハイ!!」と声をそろえてかわいい返事。(ほんとうに純粋なのね:笑)

わかった??とは言っていないのに、素直な気持ちで生徒たちは反応したようです。

試験では、今までやったことをすべて出し切ってくるんだよ!

CIMG1175.jpg


塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

把握・・・してますか?

2016.06.21(15:40) 79

FROM:加藤幸也

突然ですが・・・

公立高校の前期選抜、後期選抜の試験まであと何日でしょう?

という問いに対して、どれだけの生徒が答えられるのでしょうか。

特に受験生である3年生はどうでしょう?

もちろん、多くの生徒にとっては

「今はそれどころじゃありませんよ!定期テストがあって、もうヤバイんです(泣)」

という状態なのでしょうが、まぁ確かにそうですよね。

ただし、受験生にとっては気を抜くヒマがないのもまた事実。

定期考査が終われば、すぐに7月。

受験生にとっては恐怖(?)とも言える模試が始まり、月末から夏期講習が始まります。

梅雨が明け、暑い夏がやってくると、その暑さにやられてダラダラとした毎日が続いていく・・・

のでは、受験で負けることがほぼ確定!

本当にそれでいいのか・・・?

「負け」でいいのか・・・?

いいわけがないですよね。

そうならないためにも、まずは入試はいつなのか把握すること!

そして、あと入試まで何日あるのか把握すること!

それらを把握してから、残された時間をどう学習して過ごすのかを考えること!

だと私は思いましたので、それらをまとめてみました↓
CIMG0160.jpg
(各中学校の年間行事予定表より)

CIMG0159.jpg

これらは各教室に掲示しています。

入試までのカウントダウンは、各ご家庭にあるカレンダーに数字を書き込んでおくと、ご家族みなさんで把握できますね。

まだ現時点では後期入試までは250日以上ありますが・・・250日なんていうのはアッという間に過ぎるものです。

これはほぼナンセンスな計算ですが、

残り期間が250日で、入試は5教科。

だから1教科当たり学習できる平均時間は、250日÷5教科=50日

しかも入試は中1~中3の3年分が範囲だから、50日÷3年=16,666・・・・・日

つまり1教科1年分は2週間ちょっとしか勉強する時間がない、ということ。

もちろん、今までの積み重ねてきた学習がありますから、1から勉強し始めるわけではありませんからね。

ナンセンスといえばナンセンスなのですが・・・。

ただ入試まで残された時間はそう多くはないということだけは、この計算から分かってもらえるのではないでしょうか。

「まだまだ余裕、余裕~♪」なんて思っていると・・・あとで泣く羽目に。

さて、この夏生徒のみなさんはどう変わるのか?

やはり、

自分自身が変わろうと思わなければ、何も変わりません。

自分自身が変わろうと思えば、自分の置かれている状況はきっと変わるでしょう。

7月からしっかり切り替えてほしいですね!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

高校生は定期テストスタート!

2016.06.16(23:28) 78

FROM:遠藤祐樹

本日は県内の高校の大多数が定期試験の初日。

高校の定期テストは多くても1日に3科目ですから、今日は早くに自習にやってくる生徒が多いだろうと予想していると、

やはり開店時間(PM14:00)まもなく高校生が姿を現し始めました。

CIMG1168.jpg

CIMG1169.jpg

CIMG1167.jpg

それぞれに初日の感想を聞いてみると、

「まあ…なんとかなったかな、と思います」(う~ん、自信なさそう)
「先生、それより政経分かります!?」(切り替え早っ!いいね!)
「もう勉強飽きちゃった」(始まったばっかりじゃないか)

などなど、それぞれ色んな想いがあるようです。

上の写真2枚目の一高1年生は「数学80点はいったと思います」とのこと。

ふ~む…。一高に行くぐらいだから、中学時代は数学なんて90点以上が当たり前だったろうけどね。

一高の数学は平均点が赤点(40未満)なんてこともザラだから、その数字は立派なのではなかろうか。

*******************

奥の教室では、本日が中総体の振替休日になっている仙台市の中学校のテスト対策。

CIMG1160.jpg

人数が少ないので学年・学校問わず合同で行っています。

CIMG1161.jpg

学校ワークはもうすでに範囲分を終わらせてあるので、その繰り返し学習をする人がいたり、

CIMG1165.jpg

もうワークをやり尽したという人には、まとめのテストを。

CIMG1163.jpg

仙台市の中学校は明日もテスト対策です。最終チェックはぬかりなく!

*******************

午後5時を過ぎるともうすでに教室は自習の生徒でいっぱい。みんながんばってね!

CIMG1171.jpg

CIMG1173.jpg

CIMG1170.jpg


塾ブログ~激闘の日々~


未分類 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

自信を持て!

2016.06.15(14:53) 76

FROM:加藤幸也

名取市や仙台市などの中総体が終了しました。

本当にお疲れ様でした!

3年生にとっては、試合に勝っても負けても非常に思い出深いものになったことと思います。

1、2年生にとっては、3年生の先輩の戦いぶりを見て、刺激を受けたことでしょう。

是非、今後に活かしてほしいですね。

さて、ワーク演習~新たな試み~でも言っておりますが、いよいよ来週から「ダブルパンチ」のうちの

もうひとつの強烈なパンチが中学生のみなさんに襲ってきます。

定期考査です。

特に、1年生のみなさんにとっては初めてのテスト!

正直に言って、1年生のみなさんは不安を隠しきれない様子ですね。

先日、私は先輩方が残した初めてのテストの輝かしい結果をホワイトボードに書いて紹介しました。

私がホワイトボードに国語○○点、数学○○点、社会○○点、と点数を書き始めると、

「え・・・なにコレ・・・?」

「この人・・・100点?」

「100点が3つ・・・!すごい・・・」

と言った声が相次ぎ、何かプレッシャーを感じてしまっている雰囲気を感じなくもなかったですね。

確かに数学100点、英語100点という文字を見ると、「自分に100点取れるだろうか」と心の中で自然と自問

自答して、「自分には無理」と答えを出し、結論付けていたのかもしれません。

ですが、私は生徒のみんなを「100点取れよ!」と煽っているわけではなく、むしろ「先輩も100点取っている

んだから、みんなも取れるよ」と自信をつけさせたい思いで、先輩方の点数を発表したわけです。

ここでネガティブな気持ちになり、「やっぱり無理。できるわけがない」と自分の可能性を否定してしまうよう

では、今後の成長は見込めなくなるように思えます。

しかし、ここでポジティブな気持ちになり、「100点を取っている人がいるなら、自分にもできるはず。100点が

取れるようにやってやる!」と思ってもらえたら、こんなうれしいことはありません。

そこで、この先輩方の点数を紹介した上で、今回の定期考査の目標点数と抱負を書いてもらいました!

力強いメッセージもあります↓
CIMG1159.jpg

CIMG1158.jpg

CIMG1156.jpg

とにかく、初回が大事!

初回のテストでしっかり自信をつけさせ、波に乗れるようにしてあげたい。

「な~んだ、中学生の勉強なんてこんなものか・・・大したことないな、カンタンカンタン♪」と憎たらしい

ほどに中学生の勉強を良い意味で見下すようになってもらえると、とても頼もしいですね。

テストまであとわずか。

自信持っていくぞ!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

勉強の仕方② 切り捨て勉強

2016.06.14(16:41) 77

FROM:真田和之

中総体も終わり、定期試験が近づいてきましたね。

試験対策授業やワーク演習日では、理科や社会の調べ学習を丁寧に行う生徒。

数学の計算問題に黙々と取り組む生徒。

生徒それぞれが目の前の勉強に集中して取り組んでいました。


CIMG1078.jpg


中学1年生は今回が初めての定期試験。

どのように勉強してよいのか分からない生徒も多く、最近の授業では勉強の仕方もあわせて指導していました。

ちょっと心配でしたが、さすが純粋な中学1年生!!

飲み込みも速く、試験勉強のやり方も板についてきたように思います。


CIMG1079.jpg


さて本題です。

自分がたてた目標点数を超えるため・・・思い描いている結果通りになるためには、試験勉強の効率アップが必要です。

試験範囲が出され、学校ワークをP1~10の順番に流れていくよりも、ワーク全体を眺め、自分が「これは誰に何を言われなくてもできる!」ところには時間をかけるべきではないと考えます。

さっと先にまとめて終わらせるか、最後の最後に確認程度でよいはずです。

私の場合は、自分の分からないところや難問を先に済ませ、試験までの間に2回、忘れていないかどうか、確認を兼ねて繰り返し解きます。試験前日にもダメ押しの再確認。

合間に自分のできるところは埋めていますから、比較的時間に余裕があったような気がします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


自習に来ている生徒の様子を見ると「簡単でも、やっておかなければならないから(マジメちゃん)」「マルがつくと自信がつくんです!!(自己満)」という言葉と共にいつの間にか自分のペースに・・・。
               ⇓
               ⇓
気が付くと試験数日前・・・難問をごっそり残したまま「あ~どうしよう・・・時間がない~」となっては意味がありません。

試験の結果が出たら「あの勉強はやっていてよかった。」「あの勉強は無駄だったな・・・。」と振り返り、無駄な勉強は切り捨てて常に勉強の仕方をブラッシュアップしていくべきです。

そうすれば、自分が不安な部分にじっくり時間をさけるし、繰り返しも十分できるはずです。

今年度最初の定期試験。みんな頑張れ!!






塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

中総体、お疲れさま

2016.06.07(14:45) 75

FROM:加藤幸也

6月4日、5日の週末は名取市の中総体でしたね。

天気も良く、中学生のみなさんは気持ちよく試合に臨むことができたのではないでしょうか。

ここ最近は、生徒が授業に来る度に「また黒くなってるな~」と、顔や腕の日焼けがものすごくなっていることに気付かされます。

私自身も中学生の頃運動部に所属していましたが、今の中学生同様、6月の大会に向けて猛練習した日々のことをうっすらではありますが、記憶に残っています。

「今も昔もさほど変わらないんだなぁ」と懐かしく感じられさえします。

その中学生の戦う勇姿を一目見ようと、増田中の体育館にちょっとだけお邪魔しました。

何やら体育館の中から大きな声が響いてきたので、のぞいてみると・・・

DSC02943.jpg

DSC02946.jpg

やはり、剣道の試合でした。

気合の入った大きな声と、竹刀が激しくぶつかり合ったときの音、相手に勢いよく向かって力強く踏み込むときの足の音・・・。

凄まじいほどの迫力。

剣道の試合というのは、一般の人にとってはなかなか見る機会がないですよね。

ましてやテレビで放映されることも非常に少ないです(柔道は時々ありますが・・・なぜだろう?)。

今回久々に剣道の試合を生で観戦することができて、非常に感動しましたね。

剣道だけではありませんが、やはりスポーツは素晴らしいものです。

スポーツで鍛えられた身体や精神というのは、これから社会で生きていく上できっと大きな財産になると私は信じています。

もちろん、学習に対しても集中力や忍耐力といった面で役に立つことでしょう。


何はともあれ、2日間に渡って戦ってきた生徒のみなさん、お疲れ様でした!

声がかれるほど応援していた生徒のみなさん、お疲れ様でした!

県大会へ進めるチームのみなさん、おめでとう!県大会でも大いに頑張れ!

残念ながら敗退してしまったチームのみなさん、お疲れ様でした!


そして、仙台市の生徒のみなさん、次はあなたたちの番です。

仙台市の中総体は今週末の11日、12日に行われます。

悔いのないよう、全力を出し切ってこい!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
2016年06月
  1. 時間の確保から始めよう!(06/28)
  2. テストを終えて(06/28)
  3. 面談での話(06/23)
  4. ピュアな中1(06/21)
  5. 把握・・・してますか?(06/21)
  6. 高校生は定期テストスタート!(06/16)
  7. 自信を持て!(06/15)
  8. 勉強の仕方② 切り捨て勉強(06/14)
  9. 中総体、お疲れさま(06/07)