タイトル画像

授業前のひととき

2016.07.12(14:59) 85

FROM:加藤幸也

先日の中2の授業前。

私はSクラスの教室にいて、授業の準備をしていたところ・・・

女子生徒数人が入ってきて、いきなり学校の先生の話を始めました。

「もう先生~!学校の○○の先生、授業中雑談ばっかりなんですけどー!」

「また始まったか・・・」と思いつつ、そうかそうかと肯定も否定もせずに話は聞いてあげます。

すると別の女子生徒が、

「先生が授業に入ろうとすると、クラスの男子生徒が『先生、夏休みの目標は何ですか?』って聞いたりするんですよ」

と言うのを聞いて、

「うわぁ・・・やっぱりクラスに一人二人はいるんだな・・・授業の進行を妨げちゃうのが。学校の先生も大変だな・・・」

と心の中で同情していました。

今度は別の生徒が私に話しかけてきましたが、学校の話から急展開し、私の中学、高校の話に。

「あぁぁ・・・やっぱり矛先が自分のところにきた。だと思ったよ・・・」

と予想的中。

宝くじもこんなふうに当たればいいですけどね。

「中学のとき、何部でした?」

「え、バレー部だけど」

周囲にいる生徒も含めて「えぇ~!」と。

そんなに驚くか・・・。

「え、じゃあ、白鳥の湖とか・・・」

「え?」

「白鳥の湖とか踊るんですか?」

「それじゃないって!それはバレエ!オレが踊るわけないでしょ!」

皆、爆笑。

というか、この「何部でしたか?」→「バレー部」→「踊ってたんですか?」→「それはバレエ!」という

ボケとツッコミの会話はあまりにも定番すぎて、正直私は飽き飽きしてます・・・。

会話は続きます。

「ポジションは?」

「中学の時はレフト」

「高校のときは?」

「高校は・・・ライト」

「えっ!?リベロじゃないんですか!?」

「・・・僕のときはリベロのシステムがなかったから」

「先生、髪形はどうでしたか?」

「高校の時から変えてないけど」

「ええっー!」

だからぁ、驚きすぎでしょ。

「中学の時は?」

「坊主。校則で決まってたから」

「えっ、バレー部だからですか?」

「いや、男子は全員坊主。部活は関係ないよ」

「ええーっ、キビシイ・・・」

と話したところで、授業開始のチャイムが。

ま、確かに今の私の姿からは想像できないので、ビックリするんでしょうね。

でもまあ、楽しいひとときでした♪

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

クラス替えで心機一転しよう

2016.07.05(16:42) 84

FROM:加藤幸也

ブログ「楽しい毎日!」のクラス分け①にもあるように、今週中2、中1はクラス替えをします!

昨日は中2のクラス替えを実施。

クラスが上がった生徒もいれば、下がってしまった生徒もいます。

やはり下がってしまった生徒に対して、どのように精神的なケアをするのか重要なところです。

私はある2人の生徒に声をかけました。

同時期に入会してきた男子2人組。

クラスが変わることをある程度覚悟を決めてきたのか、授業前に2人を誰もいない教室に呼び寄せたとき、相当神妙な顔つきになっていました。

おそらく2人とも「先生に何を言われるんだろう・・・?」と思ったことでしょうが、別に叱るわけではありません。

むしろその逆で、

「過去の先輩で、キミたちと同じ時期にクラスが変わってしまった人がいた。

でも奮起して、最終的にはナンバースクールに行けるほどの実力をつけて、見事合格している。

そういう前例もあるから、再び元のクラスに戻れるようにしっかりやりなさい!」と檄を飛ばすと、

2人声をそろえて「ハイッ!」と気持ちのいい返事。

きっと彼らならだいじょうぶでしょう。

しかし、一方でこんな声も。

授業前にとある女子生徒が、自分のクラスが上がったことに対して、歓喜の声ではなく不安の声を私にぶつけてきました。

「エーッ・・・!イヤイヤ、無理!ついていけないですって!」

「だいじょうぶだって、ちゃんと結果残してるじゃん」

「イヤイヤイヤ・・・!!ついていけないですよ・・・」

「何言ってるの、新しいクラスでまだ1回も授業をやっていないのに、ついていけるかどうかってわからないじゃん」

と、嘆いていました。

まぁ、今までと違った環境の中で学習を進めていくので、クラスのメンバーも違うし、不安になる気持ちもわかりますよ。

でも、結果をしっかり残して、先生方に頑張りを認めてもらえたわけだし、もっと自分に自信を持ってほしい。

その生徒のお父様やお母様は「クラスが上がった」と聞いたら喜んでくれるでしょうに・・・。


クラスが下がった生徒に対して精神的ケアをすることが優先されがちですが、一方では上がった生徒に対してもそれは必要。

両方注視しないといけないってことですね(ココは私たちの大きな役目!)。

前向きになって心機一転、新しいクラスでしっかりやりましょう!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
2016年07月
  1. 授業前のひととき(07/12)
  2. クラス替えで心機一転しよう(07/05)