タイトル画像

内申点は大事②

2016.09.29(15:30) 92

FROM:遠藤祐樹

前回のつづき)

「宮城県の高校入試でまず大事なのが、実技の内申点。

例えば…、5科目は超優秀だけど実技科目は適当にやってるA君。

その逆に5科目はイマイチなんだけど、実技科目は文句なしのB子さん。

この二人の学年評定がこんなんだったとする。

CIMG1816.jpg

見てよ、これ!

5教科オール5と実技オール5の差を!Aくん負けちゃうんだよ!

平均にすると、13で割ればいいから、Aくんは49÷13=約3.76、B子さんは55÷13=約4.23。

これくらい実技の評定が2倍になるってのは強烈なものなの。しかもそれが3年分…

あ~、想像しただけでも恐ろしい…。。」

後ろの席に座る女子が大きくため息をつき、両手で顔を覆っているのが見えました。

「どうした、具合でも悪いかい?」

「いや~、っていうか、私ちゃんとしないと」

「そうそう!そういうこと!

君らにはまだチャンスが残ってるんだよ!次のテストは2年生の2回目だろ?まだこれからだって!

それから、美術!テストないんでしょ!?

たとえ絵が下手くそでも、ちゃんと提出とかしてれば4くらい貰えるじゃない?」

すると、前の方に座る男子「先生、オレ美術の先生に『絵が幼稚園児みたいだね』って言われたことあるけど、それでも大丈夫かな?」

「え?幼稚園児?そんな下手なの、おまえ?」

「うん、すげーよ!」

「そんなんで自慢すんなっ!!」

あー、結局最後はお笑いになってしまった。けど、生徒たちにはちゃんと伝わったはずだ。

授業の貴重な数分を割いて、この話をしましたが、その後の集中はいつものそれとは明らかに違って見えました。

これは中1にも同じ話をしとかないといけませんね!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

内申点は大事

2016.09.27(22:56) 91

FROM:遠藤祐樹

9月から10月の上旬にかけて、中学生集団クラスの保護者面談を実施中です。

面談では教室での学習状況や今後の目標、あるいはご家庭での取り組みなど今後の学習に生かしていけるような有意義な情報交換ができています。

その中で話題に上がることが多いのが「内申点」のことについて。

宮城県の高校入試では、1~3年までの内申点が均等に評価されます。

つまり、中1・2年の間は部活を一生懸命にやって、勉強は3年生から挽回してやる!という意気込みを鼻から打ち砕くのが宮城県の高校入試制度。

この制度になってから大分経ちます。

ですから、保護者の間でも浸透しているものだと思っていたところ、意外とご存じでない方が多かったことが今回の数々の面談で印象的でした。

親が知らないということは…子供たちはもっと知らないのでは?

特に、(私が担当の)中2‐Bクラスの生徒たち。以前にも話したことがあるけど、やつらにはしつこいくらいが丁度いい。

そう思い、前回の中2集団授業の冒頭、私はこう切り出しました。

「さて、もうじき定期テストだな!

おい、○○、定期テストは何のためにやるんだ!?」

「はい!内申点のためです!」

「そうだな。内申点を上げたければ、テストで高得点を取っておきたい。

しかしだっ、点数が90点でも2をつけられることもある。特に男子!どうしてそうなる?」

すると女子「えーっと、提出物とか授業態度とかですよね?」

「そうそう。もう馬鹿としか言いようがないよね。せっかく頑張って90点取ってもさ、たかが授業態度が悪いとかで2だよ?何のために勉強したのって。

で、特に気を付けないといけないのが、実技ね。内申点が2倍で評価されるからね」

これを聞いてウンウンと頷く生徒もいれば、えっ?という表情をしている生徒もいました。やっぱり知らなかったか…

「よ~し、知らなかった人もいるみたいだからちょっと詳しく教えるぞ」 (つづく)

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

目標点決定!

2016.09.24(17:30) 90

FROM:加藤幸也

先日、来月の2回目の定期考査を前に、1回目と同様に中1のみなさんには目標点と抱負を一言書いてもらいました。

いくつか紹介します。

CIMG1792.jpg

目標の順位が1~3位と強気!

やっぱりこのくらいの勢いと言いますか、気合が入っていてヤル気がみなぎっている!

CIMG1791.jpg

個人的にはこの生徒の抱負が好きです。

「前の自分と戦う」

周りと戦うのではない。己と戦うのだ。

自分が中1のとき、こんなことを考えていたのかぁ・・・。

もう○○年前なので、記憶ナシ(笑)

CIMG1790.jpg

「前の点数の倍にする」

かなりハードルが高い・・・。

でもクリアしてほしい。

CIMG1789.jpg

得意の国語を100点に設定!自分の得点源にするんだね。

でも、社会はちょっと低くない・・・?(苦笑) 

目標だから欲張っていいんだよ。

CIMG1788.jpg

すべて8割以上のバランスが良い目標設定です。

総合点を上げるにはこれがベストです。

1教科でも目を覆ってしまうような点数を取ってしまうと、「終わったぁ~今回400点いかないわぁ~」

ってなっちゃいますからね。

***********************

Sクラスの生徒には目標点を書いてもらう前に、

「100点がないのはダメ。何か1教科でも100点を目標にしてほしい。自分の得意な教科でOKだよ」

と伝えました。

結構の数の生徒が「えぇ~っ!」という反応を示しましたが、

Sクラスの生徒が満点を目指さなくてどうするの・・・。

一方、Aクラスの生徒には前回の点数を見てもらい、あのときの反省や悔しさの記憶を思い起させながら

「前回の反省を踏まえてよく考えて目標を決めてほしい」

と伝えました。

抱負にもそれがよく表れていますね。


今回のテスト結果を受けて、クラスの入れ替えが11月頃行われる予定です。

2回目のテストはどうしても1回目に比べて点数が下がってしまう傾向が一般的にありますから、

ホントに要注意です。

では、最後に今回の私の目標。

「生徒全員の目標を達成させる!」

・・・。

とてつもなく高いハードル・・・(苦笑)

あの手この手を駆使してやり遂げます!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
2016年09月
  1. 内申点は大事②(09/29)
  2. 内申点は大事(09/27)
  3. 目標点決定!(09/24)