タイトル画像

教科書の音読

2016.10.25(14:28) 96

FROM:加藤幸也

ほぼ全ての中学校のテストが終わり、通常通りの授業が再開されました。

私が担当している英語の授業においては新出英単語の発音の確認と、

本文の音読を必ず行っています。

先日の中2の授業のときに、一通り新出英単語の発音の練習を終えてから、

やや発音が苦手な生徒に「ちょっと読んでみて」と指名しました。

たどたどしい感じではありますが、一つ一つ丁寧に発音をしていました。

中には“happen”(「ハプニング」の“happen”ですね)を“ハペン!”と読み、

クラスの笑いを誘うこともありましたが、しっかり自分の声で練習することは大事。

発音の練習もそうですが、英文の音読をすることは自主学習の中でもできることです。

果たしてどれだけの生徒がそれを実践しているのか・・・?

と思うこともあります。

音読をすることでメリットはあります。

速く読んで内容を理解できるようになるということです(国語でいう、「活字に慣れる」に類似していますね)。

それは受験のときにぶち当たる長文読解の問題に対応できる力につながっていくのではないでしょうか。

また、音読をしている最中に、あることに気付くことがあります。

「公園で」という表現は“in the park”・・・よくある表現だけど、“park”の前にはいつも“the”ってあるな・・・。

“Internet”の初めの“I”は大文字で書き始めるのか・・・。

という具合にですね。

ちなみに、“in the park”の“the”は実際に私が中学の時に感じたことです。

“Internet”は違いますが(中学生当時はインターネットが普及していませんでしたので・・・)。

英語に限らず、教科書に書いてあることをしっかり読み込むことはとても大事なことです。

問題を解くこともまた重要ではありますが、教科書を読み込むことを是非自主学習に入れてほしいものですね。

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

気を引き締めろ

2016.10.18(12:40) 95

FROM:加藤幸也

「なんか・・・気が抜けてるんじゃない?」

学校の定期テストが終わり、一段落したところなんでしょうけど、それにしても・・・

と思わされる先日の中2の授業のときのこと。

「ワーク忘れました・・・」

「教科書忘れました・・・」

「宿題ちゃんとやってきましたよ!見て下さいよ!あっ・・・すみません、このページやってませんでした・・・」

大概の中学生ならば一度は(何度も?)経験がある、忘れ物や宿題忘れ。

まぁ、「仕方ない」と一言で済ませてしまうのは簡単なコトではありますが、

決して許されるべきコトではない(言うまでもなく)。

私自身も、もしかしたらそういう状況が起きるのではないかと予想はしていましたが、案の定(怒)。

予想はハズレてほしかったのですが・・・。

宿題を忘れてきた生徒には、

「そうか、そうか!なるほどな!おまえは高校受験しないんだっけ?中卒か!就職なんかできねぇぞ!」

と半ば嫌味たらしく冗談交じりに、半ば本気で言うのが最近の私の傾向(笑)

何でしょう・・・注意力の散漫?意識の欠如?が、この状況を生み出しているのか・・・?(悲)

中には、忘れてきても罪悪感の欠片もないような、秘技「笑ってごまかす」を繰り出す生徒も・・・。

というか、忘れ物をすることによって全て自分が不利益を被ることをわかっているのか、と非常に

大きな不安に駆られることもしばしば。

*********************************

先月、保護者面談を実施して貴重なご意見や、ご家庭での生徒の様子を伺いました。

・ 塾の宿題以外やらない
・ 危機感がない
・ 勉強の効率が悪い
・ 漢字や英単語の練習をしない
・ リビングでテレビをつけたまま勉強する
・ 一日勉強しない日がある
・ 今の自分の学力で行ける高校に行きたい(高校に失礼!)

などといろいろ伺いましたが、まとめると大半の生徒はまだまだ勉強の質や量を上げる必要があるということ。

勉強に対する意識(精神面)や学習の仕方(技術面)を向上させる何らかの手段を講じることをしなければ、

来年中3になったときに想像を絶する苦労をするのは生徒たち。

ここで何もせず、現状で満足しているようではダメ。

今、テストが終わって頭の中がお花畑でいっぱいになっている生徒たちの気を、

この私がギュッと引き締めます!(要覚悟)

受験予定があり、成績向上を希望の生徒は気を引き締めなさい!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

一中運動会に潜入!

2016.10.05(23:19) 94

FROM:遠藤祐樹

10/5(水)、名取一中の運動会を見に行ってみました!

朝に弱いのは塾講師の性(さが)。

前日に生徒に見せてもらったプログラムによると最初の種目は午前9:20からとのことで、

仕事に行く前にちょっとだけ見ればいいかと夜行性全開でしたが、当日の朝は目覚めもバッチリ。

意外と楽しみにしてたんだ、オレ。と何故か恥ずかしさを覚えつつ、学校へ。

とはいえ、学校の大切な行事のひとつですから、イチ塾講師が出張っては空気が白けるというもの。

今回も文化祭のとき同様、お忍びで、気配を消し、校庭の隅っこで生徒たちの楽しそうな雰囲気をこちらも楽しんでおりました。

CIMG1847.jpg

いいなあ、この雰囲気。私の出身中学では運動会はなかったので、少しうらやましい。

CIMG1849.jpg


CIMG1846.jpg

3年生の学級対抗リレー。

先ほどまでおしゃべりに夢中だった保護者の方々も競技に集中し始めました。

やはり、リレーは運動会の華ですね!

CIMG1852.jpg

CIMG1851.jpg

CIMG1855.jpg

↑↓塾生を2名確認!シャッターチャンス!!

CIMG1856.jpg


次は2年生の綱引き。

きれいに整列した生徒たちが、ヨーイどんの合図とともに駆け出し、5本(くらい?)の綱を取り合う。

CIMG1857.jpg

CIMG1858.jpg

なるほど、力というよりは頭脳戦だろ?これは。

先に1本を速攻で片づけて2本目を狙いに行くとか、男女の配分とか、指揮官の采配がものを言いそう。
(自分の位置が遠すぎて、すべて推測で楽しんでます)

CIMG1860.jpg

CIMG1859.jpg

CIMG1861.jpg

あー、楽しそう。


次は部対抗リレー。それぞれの部が自分たちの部活の格好で行う障害物リレー。

スタンバイ中の生徒たち…ん??なんだ右側の四角いの。

CIMG1863.jpg

CIMG1864.jpg

た、畳??抱えているのが柔道部男子だから、恐らくそうだ。

…分かった。バトンだな?(推測)

一高の大量リレーも、何がバトンでもいいというルールがあった。

しかしながら、畳をバトンにして圧倒的不利を背負うあたり、男だね!!

CIMG1866.jpg

CIMG1868.jpg

CIMG1867.jpg

*******************

夜、塾に来た一中生に聞くと、あの畳はやはりバトンだったようですね。

さすが柔道部!!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

必死の練習

2016.10.04(16:24) 93

FROM:加藤幸也

中学1年生も中学生になっておよそ半年が過ぎて、学校生活にすっかり馴染めた頃でしょうか。

以前から英語の授業においては単語力の強化を重視している私ですが、

中1のAクラスでは単語テストを実施しています。

事前に「次回は○○の範囲の単語テストをやるよ!」と告知しているのですが、

実際にテストしてみると、散々たる結果に・・・(泣)

練習や確認もしないまま単語テストを受けている、そして間違っていても何食わぬ顔をしている・・・。

少しばかり頭に血が上りつつも、いたって冷静に生徒たちに対して、

「今のテストで間違った単語をノートに20回練習してきて」

と言うと、真冬の凍てつく寒さのような雰囲気がクラス中を包み込み、

「先生何言ってるの?」といわんばかりにキョトンと目を丸くしている。

さらに、

「10個間違えた人は10個×20回で200個だな」

「もし全部間違えた人は20個×20回で400個だわ。こりゃ大変だ、ハハ」

とまるで他人事のように、言い放つ。

時にはキツイ言葉の一つや二つ、言わねばなりません。

せっかく貴重な授業時間の一部を使ってテストしているのに、テストを甘く見ているのか・・・?

とんでもない!

************************

次の授業のとき、

「単語20回やってきたかー?」と聞き、一人の女子生徒のノートを見てみると、

CIMG1811.jpg

「うわっ、何コレ!?すげーぞ」

と生徒ではなく、私が思わず言っちゃいました(笑)

それから、その女子生徒の許可を得て、クラスみんなに見せました。

「ちょっと、みんな見ろよ。こうやらなくちゃ。これが模範だよ!」

とりわけ男子の生徒は「そんなに細かくやるのかよ!」と言わんばかりの

顔の表情に・・・。


これは全員に徹底させたいなぁ・・・。

耳にタコができるくらい、口酸っぱく言っていくか!

塾ブログ~激闘の日々~


中学 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
2016年10月
  1. 教科書の音読(10/25)
  2. 気を引き締めろ(10/18)
  3. 一中運動会に潜入!(10/05)
  4. 必死の練習(10/04)