さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学年末を前に
FROM:遠藤祐樹

先週の金曜日、第2回公立高校倍率予備調査が公表されました。

CIMG2355.jpg

CIMG2361.jpg

やはり中3にとって最大の関心事ですから、掲示するやいなや大勢が群がってきます。

今回はサプライズ級の変動はなかったですかね。まあ想定の範囲内といったところではないでしょうか。

ただ、三高志望の女子が前期倍率4.08倍を見て号泣していました。

第1回の4.61倍から少し下がっているのでホッとしてもいいところですが、

やっぱり4倍という数字は不安だろうなあ。

****************************

この日の夜の授業は中2集団クラス。

CIMG2364.jpg

↑私が担当しているBクラス

授業冒頭に予備調査の話をしました。

「みんな、予備調査のアレ見た?」教室内に掲示した紙を指差しながら私が言うと、

「あー、ちょっと見ました」と女子数名がウンウンとうなづきました。

一方、男子はなにそれ?といわんばかりの表情。

「何だよ、もっと関心持てよ!君らだって来年は受験だぞ!?

さっきだってさ、中3が倍率見て泣いてたぞ?4倍だーって、めちゃめちゃ不安そうだったよ」

中3にこんな不安をあおるようなことをこの時期には言えませんが、彼らは中2。

むしろ焦って不安になってほしいくらいですから、どんどんいきます。

「前にも話したけど入試では本番だけの点数で合否が決まるんじゃないの。

内申点がかなり重要なの。だから、まだ入試まで時間ある~、なんてのんきな事言ってられないんだって!」

テスト前はこの類の話をしますが、毎回ピリッと空気が締まります。

「いいね?今度の学年末は内申を大きく左右する大事なテストだから。気合入れて行けよ!」

みんな顔が真剣。(よしよし)

すると突然、増田中の天然男子が、「先生、『バイリツ』って何すか??」

「はっ???」

「だから、『バイリツ』って何なんですか?」

周りの生徒はクスクス笑っています。私は絶句。

「ねえ、先生、何?」

とどめの一言で教室全体が爆笑。

そんなことも知らんのか…

彼には丁寧に「倍率」について教えましたが、せっかく締まった空気が。。。

テーマ: - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。