FC2ブログ
さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪の日のこと
FROM:遠藤祐樹

先週月曜日の雪は中々の降りっぷりでしたね!

あと1日ずれていたら、センター試験に直撃だったわけですから、危ないところでした。

ですが、中2集団クラスの授業は通常通り行いました。

とはいえ、送り迎えが困難であろうご家庭からは欠席のお電話が数件。

あの悪路でしたから、しょうがないですよ。

私もその日の帰りは恐々運転して帰りましたから。

*******************

18:50、授業開始を告げるチャイムが鳴り、私は中2-Aクラスの教室へ行きました。

すると、欠席の連絡が入っていたはずの男子が席に座っていました。

「あれ?お前今日休みじゃなかった?」

「ああ、親が連絡したんすよね?オレ、振替が嫌だったんで無理言ってきちゃいました」

「え~!お母さんなんて言ってた?」

「殺す気かっ!って」笑

「ふふっ、相変わらずお前のお母さんはおもしろいな」

*******************

20:10、今度はBクラス。

何という偶然でしょうか、Bクラスにも欠席連絡が入ったはずの男子が授業に来ていました。

来ていた生徒はKくん。

俗に言う天然タイプで、私が授業中質問を投げかけたときの第一声は9割が「んあ?」(お前はマキバオーかっ!)

「あれ?お前も?」

「え?お前もって何ですかあ?」

「お母さんから欠席の電話入ってたけど…」

「あー、俺が『連れてけ、連れてけ』って言いまくってえ」

「んで無理矢理?」

「そう!」

「お前、あんまり無茶させんなよ~。お前んち結構な坂上るよね?」

「あんまり塾は休みたくないんですよ。授業楽しいし」

「えっ?(突然の告白に戸惑う私)

ちょっと、もう一回言って?」

「だから、授業楽しいから休みたくないんです!」

ジ、ジ~ン…

この一言で、何か救われた気がしました。

Kくんがそんなことを言ってくれるとは…

マキバオーとか言ってごめんね。

そっか、そっかと私はKくんの肩をもみながら、席に座らせ後半の授業を開始。

いや~しかし、先日の救出メンバーに直訴する人(※救出大作戦)といい、この日の2人といい、なにやらやる気になってきた生徒が増えてきました。

中2生の成長を改めて感じた、そんな雪の日の出来事でした。


テーマ: - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。