FC2ブログ
さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aくんの下剋上
FROM:遠藤祐樹

前回の続きになります。

最近になってメキメキと数学の力が伸び始めたAくん。

「簡単だった」と軽々言ってのけたテストの結果がでました。

なんと96点!!いや~、素晴らしい!

これはクラスのみんなで共有しなくてはと思い、

「おい、みんなちょっと手を止めてくれ。

なんと、Aがこないだのテストで数学96点だとさ!」

「えー!マジで!?」「やべえ…」とA以外の生徒たちは一様に驚いている様子。

その反応を見て、Aは目を糸のようにして微笑んでいました。

「でだ!俺からすればこれくらい取るんじゃないかと、予測はしてた。

ただ、95を超えてくるとは思わなかったけどな」

「えっ、なんで分かったんですか?」一番前に座る男子が私に尋ねました。

「テスト前に二中の過去問をやったろ?あの中に『難問』って書いてあった問題がひとつあったよね。

あれは正直難しいから、このBクラスでは解けなくていいよって言ったでしょ?

実際、かなり難しかったと思うよ、あれは。このオレですら5分の大長考だったからね」

「うわ~、出た。先生のナルシ発言」

「なんだその、ナルシ発言ってのは。まあ本当に結構難しくてね。

個別の生徒で毎回450点越えてる生徒に解かせてもなかなか解けなくて苦戦してたよ。

ヒントあげて『あ~なるほど!』って感心してたな。

それくらいの難易度の問題だから、試験中にそこに時間をかけるよりは、見直しとか他にもっと時間をかける方が効率がいい」

フンフンとみんなうなずいています。

「しかしだっ!数学はどんだけ自分で考えたかが大事!

中2の段階で『これは難しいから考えなくていいや~』とか言ってたら、数学は伸びない!

だからあえて宿題にして、考えたい人は家でじっくりやって来いってことにしたわけ。

ちなみにAクラスの方でも宿題にしてたんだけど、唯一完璧な答えを出してきたのが、このクラスのAくんだったというわけだ!!

いや~、俺はうれしかったよ!Aが完璧な答えを出したこともだけど、家でちゃんと考えてきたことがね。

だから、96点って言われても『あ~やっぱりね』って思ったわけ。

A以外のみんなにだってできると思うよ?何しろAにだってできるんだから!(笑)」

「ちょ、ちょっとどういう意味ですか!」Aがうれしそうに言いました。

「そういう意味だよ(笑)

まあ、とにかく今年は受験生になるんだから、宿題もそういうことを頭に入れたうえでやってくれたまえ!」



テーマ: - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。