FC2ブログ
さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「オレもう寝ない!」
FROM:遠藤祐樹

ブログイメージを一新してみました!

文字が大きくなり読みやすくなってると思うんですが、どうでしょう?

当ブログに関して何かご意見等ありましたら、是非教室の方までご連絡ください!

*******************

さて、26日(金)に宮城県公立後期試験の入試倍率がついに発表されましたね!

それを見て中3の生徒たちは悲喜こもごもの様子です。

ある女子生徒は静かに私に近寄って、「先生、定員割れだった」とボソッと一言。

内心は飛び跳ねるくらいうれしいでしょうが、仲のいい友達は逆に高倍率、ということで気を使ったのでしょう。とても控えめに言ってきました。

「まあ、定員割れだからって、全員受かるわけではないからね。油断は禁物!」と身を引き締めさせました。

それに対して、「分かってますよ」と女子。気を抜くでないぞ。

*******************

同じ日の中2集団Bクラスの授業中

「いや~、倍率が発表されたね!」と中2の面々に話をふると、

「え?何の話?」とみんな頭に?マークがプカプカ浮いていました。(こいつらはまるで無頓着だな、もう!)

「あのね、高校入試の倍率が今日発表されたの!

来年はお前らも受験なんだから、ちょっとは情報入れておけよ!」

「先生、市工は何倍でした?」

「いや~、それがねえ。市工は今年全学科が2倍近いんだよなあ」

「え?2倍?そんなもんなの?」

「いやいや、君らホント何も知らんな!宮城県の公立入試で2倍っていったら、相当だよ!」

これが当事者である中3とそうでない人たちの温度差でしょうか。中2の人たちは何も知りません。

ということで、ここからは高校入試の仕組みを説明しました。

そこで浮上するのはやはり「内申点」の話。

「でね、前期にしろ後期にしろ、実技教科は点数が2倍になるんだよ。

だから音楽でK君は2、かたやLさんは4だったとする。表面上の差は2だけど、入試の点数にしたら4点と8点で差が4もあるんだよ。恐ろしくない?」

後ろの方に座る男子から「やべえ…」と声がもれました。

「いいか?内申点は取り返しが効かない!ただ逆にだ、一回取ってしまえばこっちのもんってことでしょ?実技で5が複数あったら、中々の武器になるぜ」

するとある男子が、

「先生!オレ、もう授業中寝ない!!」

「当たり前だ、この野郎!授業中寝るとか、本当にありえないから!!ちなみに何の授業で寝てたんだ?」

「え…音楽…」

「はいはい、出たよ。実技教科をなめて、内申で削られるパターンだ。音楽の内申点いくつだったの?」

「え、3だった」

「学校の先生もやさしいなあ。オレなら迷わず2だな!1でもいいくらいだわ」

「まあ、遠藤先生は鬼だから」(はあ…鬼のお面かぶった羊だっつーの)

「とにかくね、内申点はめちゃめちゃ重要だから!残り1年しかないけど、そのへんしっかり意識しとけよ!」

*******************

宮城県の高校入試では、全国的に見ても内申点が重視されるほうです。

また、偏差値的に中位から下位の高校は、よりその比重が高くなります。

中2Bクラスの面々は多くが、そのレベルの高校を受けることが予測されますので、早い段階での意識づけが肝心と思い、この話をしたわけですが、響いたかなあ…

テーマ: - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。