FC2ブログ
さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保護者面談開始!
FROM:加藤幸也

中3生の後期入試が近づく中、中2生以下の保護者面談(二者面談)が開始しました。

先日、私は中2女子のYさんという生徒のお母さまと面談をしました。

1人約20~30分程度で話す予定となっていましたが、こちらのお母さまとはまさに映画1本分の1時間50分というハリウッドもびっくりの超大作(?)の面談でした。

私は特に問題ありませんでしたが、お母さまは面談後のご予定はだいじょうぶだったのでしょうか・・・?

****************************

面談が始まり、ごあいさつ。

先日行われた学年末テストを振り返りました。

Yさんは文系教科がやや苦手です。

「国語がよくないんですよね・・・特に文章題が。はぁ・・・」とお母さま。

私は国語の文章題を解く上で、出題のパターンを理解し、文中のどこを見て正解を探し出せば良いのかを重視しています。

そのためには教科書で扱っていない様々な文章問題に触れて経験値を高める!

自分で勉強をする場合は、きっちり解説を読みどう解けばよかったのかを見ること!

また、入試に絡めて言えば国語の文章問題は学校の教科書と同じ文章が扱われることってありませんよね?

「走れメロス」が学校の定期テストと同じように高校入試に出題されますか・・・?

ということをお母さまにお話ししたところ、首を縦に振り「そうですよね、確かに教科書の内容がそのまま出ませんよね!じゃ自習に来たときにやってもらいますか」と意欲的に。


そして社会。

お母さまの方針で、自宅にある地図にYさんが山脈や河川、平野の名称を自分で書き入れていって覚えるようにしていたそうです。

私はそれを聞いて「へぇ~素晴らしいじゃないですか!良いことだと思いますよ!」と言うと、

「でも、塾に通い出してからそれをやらなくなっちゃったんです・・・塾の宿題でいっぱいいっぱいになっちゃったんで(悲)」

悲しい・・・。

実に悲しいです。

せっかく身につけてきた習慣を自ら放棄するなんて!いくら宿題に追われているとしても、そんなに時間がかかることではないはず。

この件は、私からも本人に言う予定です。「続けなさい!」と。


最後に英語。

英語の点数としては、頑張って結果を残しました。

ただ、90点には届かず。

「90点以上取っている人ってどういう人なんでしょうかね?」とお母さまがおっしゃるので、私は持論を展開。

「英語は外国語です。原則として難しいものと認識すべきです」

「それと、英語に対して反発、抵抗している人がいますが、そうしないことです」

「・・・はい?それはどういうことですか???」

「例えば、英単語はなぜこう書くのか?という疑問を持つことです。疑問を持つこと自体はいいことですが、どうしてこう書くのかという、単語のルーツまで遡るようなことを現時点では学習しなくて良いです」

「それから、英語ならではの独自のルールに抵抗感を持つ人がいます。主語が三人称単数で、動詞が現在形のとき動詞の語尾に“s(es)”をつけますが、このルールに対して『どうしてこんなのつけるの!?』と反発する人もいます。これまたそのルーツを探ることは現時点ではしなくてもよいことです。大学生くらいになったらしていいんじゃないでしょうか」

「あ~います、います!反発や抵抗ってそういう意味ですか」

「ええ、つまり日本語の感覚や価値観で英語を見てしまうと、両者の違いに納得がいかないことが生徒にはあると思います。言語は文化です。『英語って、こういうものなんだ』と受け入れられる、ある意味『素直さ』が必要なのではないでしょうか」

「ああ~~なるほど!確かにそうですよね!」とマスクごしに聞こえるお母さまの声のボリュームも大きくなります。


最後に、また一つ持論を展開。

「私は個人的には『勉強』という言葉はあまり好きではないんです。先生に言われてヒーヒー言いながら頭の中に詰め込むというイメージがありますよね」

「ですから『勉強』ではなく『学習』という言葉のほうが好きなんです。自ら興味関心があるものに対して積極果敢に『学ぶ』ことで、知識を深めてもらいたいと思ってますけどね」というと、

「な~るほど~。それ、いいですね!今日から家で使います!」とお母さまが絶賛してくれました。有難うございます・・・(照れ)

****************************

そんなこんなで、映画1本分の面談終了。

面談は「来てよかった!」とお母さま方に思ってもらえないとダメですよね。

Yさんのお母さまにはそう思ってもらえたかな・・・?

保護者面談は3月中旬まで続きます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。