さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大震災から5年
FROM:加藤幸也

今日、3月11日は東日本大震災から丸5年となる日です。

被災者にとっては決して思い出したくない、すべてを忘れたい出来事でした。

ですが、決して忘れてはならない出来事でもあります。

この節目の日に、この未曾有の大震災について正面から向き合って、改めて一人ひとりが考えることが必要だと感じています。

いつもは生徒の様子などをお伝えしているこのブログですが、今日一日を振り返って感じた、私の思いを綴りたいと思います。

*************************

今朝の河北新報に、河北新報、岩手日報、福島民報が共同で製作した折込紙面が入っていました。

それには、

「3月11日にだけ振り返るのではなく、毎日ちょっとだけでも想ってほしい」

「毎日少しだけでも被災地のことを想い、そしてできれば、復興に手を貸してほしい」

というメッセージが書かれてありました。

私はそれを読み、「やっぱりな・・・」と愕然としました。

風化が進んでいるんですね。


また、朝刊の記事には県民意識調査で「風化を実感している」人が72.5%もいると掲載されています。

風化を実感する時や場面では、「自分自身の意識」が28.0%に達しています。


この調査結果に対し、

悲しい。

悔しい。

怒りさえ、感じます。

あの日の出来事を一体何を、どうしたら、忘れてしまうのか。

同じ宮城県民として、忘れてしまっていいのか・・・!

ですが、残念ながら人というのは忘れてしまうんですね(悲)

なんともやり切れない気持ちになります・・・。


1995年の阪神淡路大震災のときも、風化は起こったと以前に聞いたことがあります。

「そういうものなのかな・・・」と半ば諦めに近い感情になりましたが、

私はせめて自分の中だけでも風化させたくないと思っています。

それが南三陸町のタコのピンバッジです。↓

DSCF2683.jpg

生徒たちからは、

「あ~タコだ~」 (そうだよ)

「なにそのタコ?」 (3年生の合格祈願のバッジだよ)

「タコ好きなんですかぁ?」 (まぁ、好きだよ)

「たこ焼き屋さんになりたいんですかぁ?」 (なりたいなら、塾にいるわけがないって!)

「タコになりたいんですか?」 (もうわけがわからん!)

などなど、冗談半分にからかわれることがあります。

前回のブログでは、合格祈願のためにつけていると言いましたが、実はそのためだけにつけているのではありません。

被災地の商品を身につけることで、常に被災地のことを思い、忘れないようにしています。

ですから、自分自身がそういうことをしているだけに、今朝の折込紙面を見て、奥歯をギリギリと強く噛み締め、力こぶによって手の甲に血管が浮き出るほどに悔しい気持ちでいっぱいです。

*************************

この大震災を風化させてはいけません。

被災地、被災者に心を寄せて、

亡くなられた多くの方々の御霊に祈りをささげ、

一日も早い復興を遂げてほしいとを心から願い、

静かに黙祷をしたい、と感じた一日でした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。