FC2ブログ
さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お母さんに謝れ
FROM:遠藤祐樹

前回のつづき。

CIMG0967.jpg

連休中の課題をやっておらず、居残りでやることになった男子連中。

時間は10:30近くになりましたが、まだまだ時間はかかりそう。

ここらが潮時か…、ということで私は彼らの前にドカっと腰を掛け、生徒らを一瞥し切り出しました。

「さて、そろそろ疲れたか?」

みな眠そうな目をしながらウンウンと首を縦に振りました。

「ふ~、あのさ、宿題って何のためにあると思う?オレが君らを苦しめるためかな?」

一人がウンウンとまた首を縦に振りました。

「いや、違うだろ!(笑)オレは君らに賢くなってほしくて出してるんだよ!

だから、毎回準備もしっかりやって宿題も決めてるんだ。言いたくはないけど、そういう努力をこっちもしてるんだから。

その辺、君らにはもう少し大人になって考えてもらいたいね」

皆、しゅんとなっていました。反省してくれたのか、ただ疲れているだけかは分かりませんでしたが、一様に私の話は飲み込んでくれた様子です。

「じゃあ、いつまでにやってくる?」

「今日帰ったらすぐやります!それで明日塾に持ってきてもいいですか?」
「オレは朝練あるから…じゃあ、明日学校終わったら塾来てやります」

などなど、とりあえずみな次の日までには仕上げると約束し、この日は解散しました。

*******************

翌日、14:00すぎ。

「帰ったらすぐやります!」と力強く答えた生徒が、教室を開けてすぐにやってきました。

「早いな!?もう学校終わったの?」

「はい!今日午前授業だったんで!」

「じゃあ、見せてみ?」

「あ、はい、これです。すみませんでした」

パラパラとページをめくっていくと、宿題はしっかりとやれていました。

「ふーん、なんだちゃんとできるじゃん。何で連休中にできなかったかね~」

「はい、本当にすみません!」

彼は先ほどから、ペコペコと頭を下げっぱなしです。まるでどこぞの営業マン。

「ふふ、あのさ、別にそんなにオレに謝らなくていいんだよ?本当に申し訳ないって思うなら、お母さんに謝ってこいよ」

「え?」

「だってさ、お母さんも君を賢くしたくて、ここに通わせてるんだよ。もちろんタダじゃない!

それなのに宿題をやらないんでは、上がるもんも上がらんだろ?

それはある意味、裏切りじゃないかな。意味わかるよな?」

「はい」

生徒はとても反省している様子でした。

「だからさっ、次からはちゃんとやってきてくれ!それでオレは満足!あとは、かあちゃんに謝れ!」

「いや~、それははずいッス」

生徒は苦笑いをしながら、また「すみません」と一言添えて教室を出ていきました(笑)

テーマ: - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。