FC2ブログ
さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強の仕方①
FROM:真田一之

ゴールデンウイークも終わりました。

先日、中3の授業で「GOLDEN WEEK課題」がなされていたかどうかチェックしました。

丸付けまで全て終えた生徒が9割。残りの1割は問題を解いているけれど、丸付けが終わっていない生徒。

終わっていない生徒は、休憩時間も使って大急ぎで丸付けをします。

「そんなに雑に丸付けしたらダメだろ!間違いを確認しながらやらないと・・・」

「ちゃんと確認しています。そもそも・・・・量が多すぎる・・・・・」と不満を漏らし始めます。

「結構な日数と時間もあったし、余裕で仕上げられる量だと思うがね・・・」

「いろいろと忙しかったんです。部活とか・・・・・・・・」

「忙しい忙しいと言うけれど、芸能人みたいに分刻みの行動をしているわけがないだろ!!」と言いながら、休暇中の時間の使い方を根掘り葉掘り聞きました。

何のことはない、ただ単に「けじめ」がつけられていないだけ。

勉強する時間は取れるはずなのに、テレビなど他の要素の比重が大きくなっているだけでした。

CIMG0858.jpg


そこで私は言いました。

「プリントをドカッと渡されたら、まず最初に全体を眺めることだな。その中で時間がかからないものから終わらせてしまうとか、その逆もあり。とにかく自分にとって一番効率のよい方法を考えながら勉強するんだよ。そうじゃないと辛くなるだけだよ!」

試験勉強もそうですが、与えられた範囲をP1から順番にこなしていく生徒は多いはずです。

順番にこなしていくと、難しいところで手が止まってしまいやる気がそがれる原因にもなります。

そうなってしまうと時間もロスしてしまいますし、学校ワークの提出期限にも支障をきたすでしょう。


まずは全体を見て、自分の得意なものから埋めていけば仕上がりにも差が出てきますし時間の余裕も生まれます。

難問も考える時間が増えて、新たな発見につながるかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。