FC2ブログ
さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テストを終えて
FROM:加藤幸也

苦痛とも言える(?)定期テストがようやく、ようやく終わりました。

中学生にとってはかなりハードな1ヶ月間でしたね。

本当にお疲れ様でした!

そして、今週から生徒たちの歓喜の声と、悲鳴や嘆きの声を両方クラス中に響かせながら、テスト結果を聞き取りさせてもらっています。

中2の生徒からは、

「もうヤバかった・・・」

「今回、社会やりましたよ!」

「あの英語の問題はね・・・取れませんよ(怒)」

「ウチの学校の先生、100点取らせてくれませんよ・・・(怒)」

とまぁ、テストの点数を所定の用紙に記入してもらいながら、数々のコメントが出るわ出るわ・・・。

テストの点数のことよりも、テスト問題そのものに対してのコメントが多い・・・かな?

「何あの問題!プンプン!」と怒っているけれども、そもそもどんな問題にも対応できるように準備しておくことが自分のテスト勉強だと思いますよ。

だから、テスト問題に怒りの矛先を向けてはねぇ・・・。

しまいには、

「先生、(あの問題に対して)何とかしてくださいよ!!」

と、怒りの矛先は私に向けられる・・・。

僕が問題を作っているわけではないのに・・・。

向ける矛先が間違ってるよ・・・?

冗談半分で私が「じゃあ、校長先生か教頭先生に言ったら?」と言えば、

「言ってもダメ!」と一蹴。

一体全体どうしたいの・・・。

*********************************

一方で、こんな生徒もいました。

いつも冷静沈着なXくん。マジメで頑張り屋。

授業前にXくんと同じ中学校のYくんとともにテスト結果について話していました。

Xくん「今回、社会メチャメチャ頑張りましたよ!こいつに社会勝ちましたもん♪」

Yくん「いやぁ・・・前回社会よかったから、今回は気を抜いてしまいました・・・(反省)」

ちなみにXくんはBクラス。YくんはSクラス。

たとえSクラスの生徒でも、気を抜けばこうなるという悪例ですね、Yくんには申し訳ないですが。

今回のテスト結果を受けて、皆は何を思うのか。

一喜一憂することなく、自分の実力を分析し、今後の対策を練ってほしいと思う一日でした。


中1、中2は来週にはクラス替えをする予定です!
(中3は7月号の模試を受けてから替えます!)

テーマ: - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。