FC2ブログ
さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラス替えで心機一転しよう
FROM:加藤幸也

ブログ「楽しい毎日!」のクラス分け①にもあるように、今週中2、中1はクラス替えをします!

昨日は中2のクラス替えを実施。

クラスが上がった生徒もいれば、下がってしまった生徒もいます。

やはり下がってしまった生徒に対して、どのように精神的なケアをするのか重要なところです。

私はある2人の生徒に声をかけました。

同時期に入会してきた男子2人組。

クラスが変わることをある程度覚悟を決めてきたのか、授業前に2人を誰もいない教室に呼び寄せたとき、相当神妙な顔つきになっていました。

おそらく2人とも「先生に何を言われるんだろう・・・?」と思ったことでしょうが、別に叱るわけではありません。

むしろその逆で、

「過去の先輩で、キミたちと同じ時期にクラスが変わってしまった人がいた。

でも奮起して、最終的にはナンバースクールに行けるほどの実力をつけて、見事合格している。

そういう前例もあるから、再び元のクラスに戻れるようにしっかりやりなさい!」と檄を飛ばすと、

2人声をそろえて「ハイッ!」と気持ちのいい返事。

きっと彼らならだいじょうぶでしょう。

しかし、一方でこんな声も。

授業前にとある女子生徒が、自分のクラスが上がったことに対して、歓喜の声ではなく不安の声を私にぶつけてきました。

「エーッ・・・!イヤイヤ、無理!ついていけないですって!」

「だいじょうぶだって、ちゃんと結果残してるじゃん」

「イヤイヤイヤ・・・!!ついていけないですよ・・・」

「何言ってるの、新しいクラスでまだ1回も授業をやっていないのに、ついていけるかどうかってわからないじゃん」

と、嘆いていました。

まぁ、今までと違った環境の中で学習を進めていくので、クラスのメンバーも違うし、不安になる気持ちもわかりますよ。

でも、結果をしっかり残して、先生方に頑張りを認めてもらえたわけだし、もっと自分に自信を持ってほしい。

その生徒のお父様やお母様は「クラスが上がった」と聞いたら喜んでくれるでしょうに・・・。


クラスが下がった生徒に対して精神的ケアをすることが優先されがちですが、一方では上がった生徒に対してもそれは必要。

両方注視しないといけないってことですね(ココは私たちの大きな役目!)。

前向きになって心機一転、新しいクラスでしっかりやりましょう!

テーマ: - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。