FC2ブログ
さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内申点は大事②
FROM:遠藤祐樹

前回のつづき)

「宮城県の高校入試でまず大事なのが、実技の内申点。

例えば…、5科目は超優秀だけど実技科目は適当にやってるA君。

その逆に5科目はイマイチなんだけど、実技科目は文句なしのB子さん。

この二人の学年評定がこんなんだったとする。

CIMG1816.jpg

見てよ、これ!

5教科オール5と実技オール5の差を!Aくん負けちゃうんだよ!

平均にすると、13で割ればいいから、Aくんは49÷13=約3.76、B子さんは55÷13=約4.23。

これくらい実技の評定が2倍になるってのは強烈なものなの。しかもそれが3年分…

あ~、想像しただけでも恐ろしい…。。」

後ろの席に座る女子が大きくため息をつき、両手で顔を覆っているのが見えました。

「どうした、具合でも悪いかい?」

「いや~、っていうか、私ちゃんとしないと」

「そうそう!そういうこと!

君らにはまだチャンスが残ってるんだよ!次のテストは2年生の2回目だろ?まだこれからだって!

それから、美術!テストないんでしょ!?

たとえ絵が下手くそでも、ちゃんと提出とかしてれば4くらい貰えるじゃない?」

すると、前の方に座る男子「先生、オレ美術の先生に『絵が幼稚園児みたいだね』って言われたことあるけど、それでも大丈夫かな?」

「え?幼稚園児?そんな下手なの、おまえ?」

「うん、すげーよ!」

「そんなんで自慢すんなっ!!」

あー、結局最後はお笑いになってしまった。けど、生徒たちにはちゃんと伝わったはずだ。

授業の貴重な数分を割いて、この話をしましたが、その後の集中はいつものそれとは明らかに違って見えました。

これは中1にも同じ話をしとかないといけませんね!

テーマ: - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。