FC2ブログ
さなだブログ~虹の架け橋~
宮城県名取市の進学塾ハイパーラーニング講師のブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学習姿勢
FROM:加藤幸也

特に最近でしょうか、生徒たちの様子を見ていると気になることがあります。

それは勉強の中身ではなく、勉強するときの体の姿勢です。

左手を体の脇に下ろして、椅子につかまりながら(もたれながら)右手だけで書いているところを見かけます。

「学校でもそういう姿勢で書いているの?左手はノートの上に置いて、ノートを押さえて書いて」

と注意をして直させますが、しばらくするとまた同じ姿勢に・・・。なぜ・・・?

もうこれは癖になってしまっているんですね。

きれいに字を書くために右利きの人は左手でノートをしっかり押さえるものだ、と私はこれまで認識してきましたが・・・。

左手を椅子の上に置いて書いている小学生や中学生にはそう認識してほしい。


そして、もう一つ別のケース。

体の姿勢とは違うのかもしれませんが、ノートを自分の体に対して正対して置くのではなく、45度くらい斜めにして書いている生徒もいました。

初めてそれを見たときは「えっ?」と驚きを隠せませんでした。

「そんなにノートを斜めにして、書きづらくないの?」と聞いても、

「こうしないと書けないんですよ!」と。

確かに私自身も学生のときはノートを少し(15度くらい?)斜めにして書いていた習慣がありました。

ですから、あまり他人のことを言えることではないのかもしれませんが、それにしても斜め45度は・・・。

私も別にクラスの生徒全員が背筋をピンと伸ばして、体をまっすぐにして、ノートも教科書も曲がっていない、まるで軍隊のような状態を望んでいるわけではありません(まぁ、それはそれで見てみたい気もしますが・・・)。

是非ともキレイなノート作りをするためにも正しい姿勢で勉強してほしいものですね。

テーマ: - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。